中森明菜の記事一覧

(18件)

『スター誕生』への出場をキッカケに、82年「スローモーション」でデビュー。2ndシングルの「少女A」で不良っぽさや陰りのあるアイドルとしてのイメージが定着し、以降、「セカンド・ラブ」「禁区」「飾りじゃないのよ涙は」と連続ヒットを飛ばしていく。そして、スパニッシュ・テイストの「ミ・アモーレ」(85年)、着物をアレンジした奇抜な衣装も印象的だった「DESIRE」(86年)で2年連続日本レコード大賞を受賞。
また、92年にはテレビドラマ『素顔のままで』のカンナ役が好評を博し、その後も98年の『冷たい月』に出演するなど、新境地を拓いた。
02年カヴァー作品集『歌姫(スペシャル エディション)』を発表。70年代〜80年代の名曲をカヴァーするというこの企画アルバムが話題を集め、現在のカヴァー・ブームの火付け役とも言われている。以降も『歌姫2』『歌姫3』、『歌姫ベスト』『歌姫伝説』『フォーク・ソング〜歌姫抒情歌』など人気シリーズとしてコンスタントにリリースを続けている。

伝説的音楽マンガ『TO-Y』が描いた、バンドブーム前夜の風景 パンク幻想をかきたてた「初期衝動」を振り返る

伝説的音楽マンガ『TO-Y』が描いた、バンドブーム前夜の風景 パンク幻想をかきたてた「初期衝動」を振り返る

自らの黒歴史として隠蔽したいもののひとつやふたつは誰にでもあるだろう。だがしかし、そいつを若気のいたりと恥じながら心の箪笥の奥底…

「少女A」を生んだ作詞家・売野雅勇に訊く、キャリアの転機と“昭和歌謡リバイバル”

「少女A」を生んだ作詞家・売野雅勇に訊く、キャリアの転機と“昭和歌謡リバイバル”

昭和最後の大物作詞家・売野雅勇が、デビュー35周年を総括する初の自著『砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代疾走の日々』(朝日新聞出版…

今年の紅白は「司会」が見所か? 綾瀬はるかには83年のタモリを超える“珍発言”期待

今年の紅白は「司会」が見所か? 綾瀬はるかには83年のタモリを超える“珍発言”期待

『第64回NHK紅白歌合戦』公式ホームページ  先日、出場歌手が発表された『第64回NHK紅白歌合戦』。とはいえ、盛り上がったの…