安全地帯の記事一覧

(4件)

80年代に隆盛をほこった歌謡ロック・ムーヴメントの真骨頂的存在。高級クラブから場末のスナックに至るまで、夜な夜な歌い愛され続けるナイト・ソングの定番「ワインレッドの心」、「恋の予感」など、数多くのヒット曲を持つ。その歴史は古く、73年、北海道は旭川市にて玉置浩二(vo&g)を中心に結成。井上陽水のバック・バンドを経て、82年にデビュー。酸いも甘いもかみわけた大人どうしのディープなラヴ・アフェアーを、玉置浩二が哀愁たっぷりに歌い上げる。その粘着質ヴォイスは、矢萩渉の奏でるブルージー・ギターとあいまみれ、聴くものを出口なしのエロス・ワールドへと誘う。近年は、メンバー個々の活動に重点がおかれているためか、ほぼ休止状態である。完全復活が待たれるところだ。

中孝介、最新作で挑んだ“海外ミュージックとシマ唄の融合” 「自由である感じがすごく通じるものがある」

中孝介、最新作で挑んだ“海外ミュージックとシマ唄の融合” 「自由である感じがすごく通じるものがある」

平穏な未来を見通すことが難しい時代の中で、心を癒すように魂を諭すように、確かな希望の灯りをともしてくれる歌声がここにある。中孝介…