w-inds.の記事一覧

(53件)

1985年12月16日生まれの橘慶太(vo&dance)、1984年11月18日生まれの千葉涼平(cho&rap&dance)、1985年12月17日生まれの緒方龍一(cho&rap&dance)からなる男性ヴォーカル・ダンス・ユニット、w-inds.。00年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷でストリート・パフォーマンスを開始。その甲斐あってデビュー直前の01年3月には渋谷ホコ天で約8,000を動員し、満を持して1stシングル「Forever Memories」でメジャー・デビューを飾った。同年12月に発売された1stアルバム『w-inds.〜1st message〜』はオリコン週間ランキングで1位を獲得、年末に行われた第43回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。
毎年夏には10万人以上動員する全国ツアーを敢行しており、その活躍は中国・韓国・台湾・タイ・マレーシアなど東南アジア全域に拡がり、台湾においては04年にはアルバム4作連続総合チャート1位を記録するなど、日本人アーティストとして初の快挙を達成した。06年には台湾で行われた中華圏最大の音楽祭『MTV Mandarin Award 2006』に出演した際には台湾での実績が認められ、J-POP特別賞を日本人として初受賞。同年11月には韓国ソウルオリンピック競技場で行われた『MKMF2006』にてアジア最高ポップアーティスト賞を受賞した。08年、日越外交関係樹立35周年記念交流事業である『ハノイ・ホーチミン音楽祭』に参加。この時に日本ベトナム特別大使である杉良太郎と出会い交流を深め、後に杉良太郎作詞・作曲による配信限定シングル「Message」(09年11月)をリリースすることになる。
日本のみならず精力的なアジア全域での活動が功を奏し、絶大なる“実力と人気”を不動のものとしている。艶やかな慶太のヴォーカル、涼平・龍一によるパーフェクトなコーラスとダンスは益々磨きがかかり、その豊かな表現力は、世代を超えて拡がっている。イキのいいダンス・チューンから甘いバラードまでを抜群のコンビネーションでこなし、21世紀という新しい時代に新しい風を巻き起こしている。

千葉涼平(w-inds.)×KENZO(DA PUMP)特別対談「ダンスの魅力に触れやすい時代に」

千葉涼平(w-inds.)×KENZO(DA PUMP)特別対談「ダンスの魅力に触れやすい時代に」

w-inds. 橘慶太、KEITA名義の新曲「Live For Yourself」配信 12カ月連続リリース第2弾

w-inds. 橘慶太、KEITA名義の新曲「Live For Yourself」配信 12カ月連続リリース第2弾

w-inds. 橘慶太×NONA REEVES 西寺郷太 対談【後編】 楽曲制作を支える信頼できる仲間の存在

w-inds. 橘慶太×NONA REEVES 西寺郷太 対談【後編】 楽曲制作を支える信頼できる仲間の存在

w-inds. 橘慶太×NONA REEVES 西寺郷太 対談【前編】 楽曲制作への目覚めと活動原点振り返る

w-inds. 橘慶太×NONA REEVES 西寺郷太 対談【前編】 楽曲制作への目覚めと活動原点振り返る

w-inds. 橘慶太×Yaffle(小島裕規)対談【後編】 「楽音と楽音じゃない音の境目が曖昧になってる」

w-inds. 橘慶太×Yaffle(小島裕規)対談【後編】 「楽音と楽音じゃない音の境目が曖昧になってる」

w-inds. 橘慶太×Yaffle(小島裕規)対談【前編】 楽曲制作におけるアレンジの重要性

w-inds. 橘慶太×Yaffle(小島裕規)対談【前編】 楽曲制作におけるアレンジの重要性

w-inds.は最も大きな変化の季節を迎えているーー生演奏にこだわり抜いた音楽届けるステージング

w-inds.は最も大きな変化の季節を迎えているーー生演奏にこだわり抜いた音楽届けるステージング

w-inds.は世界でどう聴かれている? Spotifyファンミーティングで明らかになったこと

w-inds.は世界でどう聴かれている? Spotifyファンミーティングで明らかになったこと

w-inds. 橘慶太×KREVA対談【後編】 “オタク”が最強の時代? 突き詰めることの重要性を考える

w-inds. 橘慶太×KREVA対談【後編】 “オタク”が最強の時代? 突き詰めることの重要性を考える

w-inds. 橘慶太×KREVA対談【前編】 トラックメイカー視点で語り合う、楽曲制作のテクニック

w-inds. 橘慶太×KREVA対談【前編】 トラックメイカー視点で語り合う、楽曲制作のテクニック

三浦大知、w-inds.、宇多田ヒカル、小袋成彬、cero……変化する日本語ポップスの譜割り

三浦大知、w-inds.、宇多田ヒカル、小袋成彬、cero……変化する日本語ポップスの譜割り

Da-iCE、全てを賭けた『BET』の充実度 初の試みに満ちた4thアルバムを聞く

Da-iCE、全てを賭けた『BET』の充実度 初の試みに満ちた4thアルバムを聞く

w-inds.が初主催フェスを通して伝えた、ダンス&ボーカルグループの魅力と可能性

w-inds.が初主催フェスを通して伝えた、ダンス&ボーカルグループの魅力と可能性

w-inds.が『100』で追求した“ジャンルレスなポップス”「僕らが歩んできた道を表現できると思った」

w-inds.が『100』で追求した“ジャンルレスなポップス”「僕らが歩んできた道を表現できると思った」

w-inds.からCRAZYBOY、Red Velvetまで…世界と勝負できるハイクオリティな新作

w-inds.からCRAZYBOY、Red Velvetまで…世界と勝負できるハイクオリティな新作

w-inds.、新アルバムリード曲「Temporary」配信開始  Spotifyとのコラボキャンペーンも

w-inds.、新アルバムリード曲「Temporary」配信開始  Spotifyとのコラボキャンペーンも

DOBERMAN INFINITY主催フェス『D.Island 2018』にw-inds.、ちゃんみな、DEEP出演

DOBERMAN INFINITY主催フェス『D.Island 2018』にw-inds.、ちゃんみな、DEEP出演

橘慶太×☆Taku Takahashi対談【後編】 日本でダンスミュージックを作る難しさと将来のビジョン

橘慶太×☆Taku Takahashi対談【後編】 日本でダンスミュージックを作る難しさと将来のビジョン

w-inds.、17年間で発表した全593曲サブスク解禁

w-inds.、17年間で発表した全593曲サブスク解禁

w-inds. 橘慶太×m-flo ☆Taku Takahashi対談【前編】 それぞれの楽曲制作との向き合い方

w-inds. 橘慶太×m-flo ☆Taku Takahashi対談【前編】 それぞれの楽曲制作との向き合い方

w-inds.がひとつに繋ぐ、自分たちの過去と今ーー生バンド従え新旧楽曲披露したFCツアーファイナル

w-inds.がひとつに繋ぐ、自分たちの過去と今ーー生バンド従え新旧楽曲披露したFCツアーファイナル

w-inds.が13thアルバム『100』発売 全国ツアー開催も

w-inds.が13thアルバム『100』発売 全国ツアー開催も

米津玄師、w-inds.、雨パレ.……日本の音楽シーンをアップデートする新作

米津玄師、w-inds.、雨パレ.……日本の音楽シーンをアップデートする新作

w-inds.が語る、独自の音楽へのこだわりと変化「デビュー当時の雰囲気が戻ってきた感覚がある」

w-inds.が語る、独自の音楽へのこだわりと変化「デビュー当時の雰囲気が戻ってきた感覚がある」

w-inds.がピンクでガーリーな「Dirty Talk」MV公開 『スッキリ』3月テーマソング決定も

w-inds.がピンクでガーリーな「Dirty Talk」MV公開 『スッキリ』3月テーマソング決定も

w-inds.、40thシングル『Dirty Talk』収録曲がラジオ初オンエア 橘慶太によるコメントも

w-inds.、40thシングル『Dirty Talk』収録曲がラジオ初オンエア 橘慶太によるコメントも

w-inds.がデビュー記念日にシングル『Dirty Talk』発売 ソロジャケ仕様のタワレコ限定盤も

w-inds.がデビュー記念日にシングル『Dirty Talk』発売 ソロジャケ仕様のタワレコ限定盤も

w-inds.、39thシングル「Time Has Gone」制作秘話を語る 橘慶太「シンプルの極みですよね」

w-inds.、39thシングル「Time Has Gone」制作秘話を語る 橘慶太「シンプルの極みですよね」
     
  • 1

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版