斉藤由貴の記事一覧

(106件)

日本のアイドル史上、デビュー当時の斉藤由貴ほど、ポニーテール&セーラー服が似合った女の子はいないのでは。第3回『ミス・マガジン』グランプリ。『青春という名のラーメン』CMでの清楚さ、カセットテープCM曲「AXIA〜かなしいことり〜」での痛いまでのイノセンス、ドラマ『スケバン刑事』での凛々しさ、シングル・デビュー曲「卒業」でのノスタルジックなつつましさ……どれもが何とも魅力的で、そのたたずまいは"アイドル"というより、男子高校生の理想の女の子像の体現であった。
「卒業」「初戀」「情熱」のシングル3部作を含むアルバム『ガラスの鼓動』は、そんな彼女の質感をフルに生かした、アイドル・ポップス史上に残る名盤。以後も長くサウンド・プロデュースを手掛ける武部聡志の、デジタルと生楽器を自然にミックスさせた仕事ぶりも光る。
よく知られてるとおり、彼女が敬けんなモルモン教信者であることと関係あるのかはわからないが、『チャイム』『風夢』『PANT』などその後のアルバムでも、ある意味、宗教的な安らぎ感の広がる独特な世界を構築。が、89年にリリースした井上陽水のカヴァー「夢の中へ」では、崎谷健次郎による大胆なアレンジに乗せ、ミニ・スカートでのギクシャクしたマリオネット的振りが話題に。なんか唐突でおかしかった。
結婚後も、女優業や執筆業(早くから作詞に取り組み、詩集も出版)などでコンスタントに活動。ミュージカル『ローマの休日』には楽曲の作詞も含めて参加。99年には5年ぶりのシングル「こむぎいろの天使」(同名のローカル・シネマ主題歌)をリリースし、変わらない素朴で温かい歌声を聴かせてくれた。
炊事や洗濯など家事について、「中学の頃から当たり前のようにしてたから、好きでも得意でもないけど苦ではない」と発言していて、あの理想の少女がそのまま大人になった感じだ。 (斉藤貴志)

『記憶にございません!』は“1粒で2度おいしい” 中井貴一を中心に適材適所のキャスト陣にも注目

『記憶にございません!』は“1粒で2度おいしい” 中井貴一を中心に適材適所のキャスト陣にも注目

初回と2度目以降の鑑賞で見方が大きく変わる映画がある。たとえば『ユージュアル・サスペクツ』。1996年日本公開、カイザー・ソゼと…

『危険なビーナス』楓はなぜ疑われる? 終盤に向け残された謎を考察

『危険なビーナス』楓はなぜ疑われる? 終盤に向け残された謎を考察

突然訪ねてきた牧雄(池内万作)の目的は、康治(栗原英雄)が残した研究記録だった。伯朗(妻夫木聡)の父である故・一清(R-指定)は…

麻生祐未、『テセウスの船』に続き重要な役どころに 『危険なビーナス』終盤の鍵を握るのは……?

麻生祐未、『テセウスの船』に続き重要な役どころに 『危険なビーナス』終盤の鍵を握るのは……?

隣に座る親族の誰かはよく知る別の誰かとつながっていて、姉弟だと思っていた2人は実は親子だった。なんてことが起きるはずがないとは限…

『危険なビーナス』伯朗、楓、明人の三角関係が加速? 物語を動かす複数の視点

『危険なビーナス』伯朗、楓、明人の三角関係が加速? 物語を動かす複数の視点

手島伯朗(妻夫木聡)と矢神明人(染谷将太)の母・禎子(斉藤由貴)は、矢神家の人間によって殺された。祥子(安蘭けい)から聞かされた…

『危険なビーナス』のユニークな点とは? 矢神家の遺産をめぐる女の闘いは本格化

『危険なビーナス』のユニークな点とは? 矢神家の遺産をめぐる女の闘いは本格化

「またあの家の中で、私たちの知らないいろんな思惑がうごめいているみたいですね」  失踪した矢神明人(染谷将太)の行方と30億と…

「ミスマガ2020」グランプリ・新井遥、白ビキニ姿の圧倒的存在感ーー次世代のスターなるか?

「ミスマガ2020」グランプリ・新井遥、白ビキニ姿の圧倒的存在感ーー次世代のスターなるか?

「ミスマガジン2020」でグランプリに輝いた新井遥、「ミスヤングマガジン」に選ばれた後藤真桜、「ミス週刊少年マガジン」に選ばれた…

妻夫木聡の突出した巻き込まれ力 『危険なビーナス』は一風変わった兄妹の関係を描く 

妻夫木聡の突出した巻き込まれ力 『危険なビーナス』は一風変わった兄妹の関係を描く 

「私、明人くんの妻です。はじめまして、お義兄さま」  ある日突然、あなたの前に見知らぬ異性が現れたら? 抗いがたい魅力を持…

妻夫木聡主演『危険なビーナス』映像化で注目すべき“謎” 結末は原作通りか、オリジナルか?

妻夫木聡主演『危険なビーナス』映像化で注目すべき“謎” 結末は原作通りか、オリジナルか?

10月11日22時より、TBS日曜劇場『危険なビーナス』がいよいよスタートする。主人公・手島伯朗に妻夫木聡、ヒロイン・矢神楓に吉…

玉木宏は本当の鬼になれるのか? 『竜の道』西郷輝彦が突きつける最後の試練

玉木宏は本当の鬼になれるのか? 『竜の道』西郷輝彦が突きつける最後の試練

最終話まで残すところあと1話となった『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)第7話。復讐計画もいよいよクライマック…

『竜の道』王道の復讐劇に見入ってしまう理由 カンテレ制作ドラマの傾向から探る

『竜の道』王道の復讐劇に見入ってしまう理由 カンテレ制作ドラマの傾向から探る

現在放送中の『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)は、玉木宏と高橋一生演じる双子の兄弟、竜一と竜二の仇討ちを描く…

『竜の道』霧島夫婦の哀しき愛情表現 玉木宏と高橋一生の温度差は決定的なものに?

『竜の道』霧島夫婦の哀しき愛情表現 玉木宏と高橋一生の温度差は決定的なものに?

復讐される側の霧島家、霧島源平(遠藤憲一)本人の抱える闇が暴かれた『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)第6話。…

寺本莉緒、身長150cmのグラビアクイーンが魅せる躍動ーー写真集『CURIOSITY』の至極カットを考察

寺本莉緒、身長150cmのグラビアクイーンが魅せる躍動ーー写真集『CURIOSITY』の至極カットを考察

2018年より7年ぶりに復活した『週刊ヤングマガジン』と『週刊少年マガジン』(共に講談社)主催のグラビアミス・コンテスト「ミスマ…

松本まりか&松本穂香の対照的な姿 『竜の道 二つの顔の復讐者』に見える皮肉な因果関係

松本まりか&松本穂香の対照的な姿 『竜の道 二つの顔の復讐者』に見える皮肉な因果関係

『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)第4話は、竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)の双子内だけで共有していたはずの…

『竜の道』怪演女優・松本まりかが見せる自由な姿 ターゲットとなった松本穂香の運命は?

『竜の道』怪演女優・松本まりかが見せる自由な姿 ターゲットとなった松本穂香の運命は?

『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)は第2話から、復讐相手である霧島源平(遠藤憲一)の家族の綻びが色々と見え始…

『竜の道』切なすぎる兄妹の邂逅 回を追うごとに存在感が強くなる松本穂香がキーパーソンに?

『竜の道』切なすぎる兄妹の邂逅 回を追うごとに存在感が強くなる松本穂香がキーパーソンに?

第1話で感動的だったと話題になっていた『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)の花火のシーン。花火を見ながら思わず…

『警視庁・捜査一課長』第7話に菜々緒&間宮祥太朗出演 『BG』と同役で内藤剛志&塙宣之と共演

『警視庁・捜査一課長』第7話に菜々緒&間宮祥太朗出演 『BG』と同役で内藤剛志&塙宣之と共演

『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)でボディーガードを演じる菜々緒と間宮祥太朗が、ドラマの役柄のまま、6月18日放送の『警視庁…