宇多田ヒカルの記事一覧

(131件)

98年12月シングル「Automatic/time will tell」でデビュー。アナログ盤でのプロモーションが功を奏し、まずはクラブで大ヒット。一般向けに発売されたアナログ盤も即完売、入手困難となり、当時アナログ市場ではかなりの高値で取引された(同年デビューしたMISIA「つつみこむように…」と共に、当時クラブでかけると鉄板で盛り上がる楽曲として人気を二分しており、これらを持っていることがDJのステータスにも繋がるほどだった)。CDリリース後はこのデビュー・シングルでいきなりミリオンセールスを記録している。
以降、現在(09年2月)に至るまで大ヒットを連発。99年発表の1stアルバム『First Love』は約800万枚ものメガ・セールスを記録。その後も01年に『Distance』、02年に『DEEP RIVER』を発表、いずれもビッグ・セールスを記録している。04年にはR&Bの名門レーベル<ISLAND>と契約、utada名義で『EXODUS』を全米で発売し話題となった。06年5月に「This Is Love」を初のデジタル先行シングルとしてリリースし、6月には約4年ぶりとなる4thアルバム『ULTRA BLUE』を発表。そして11月に発売したシングル「ぼくはくま」では、可愛らしい童謡風の楽曲に挑戦しキッズの心までも掴んでしまう。08年3月にリリースしたアルバム『HEART STATION』もロング・ヒットを記録し、セールス100万枚を突破。09年3月にUtada名義のセカンド・アルバムをリリース。15歳という若さでシンガー・ソングライターとして大成功を収め、日本の音楽シーンのトップに立ち続けた宇多田ヒカルだが、今年いっぱいでアーティスト活動を休止することが2010年8月9日付のブログで発表された。

宇多田ヒカル、12年ぶりの国内ツアーを映像化 初のサブスクリプション配信も

宇多田ヒカル、12年ぶりの国内ツアーを映像化 初のサブスクリプション配信も

宇多田ヒカル 、King Gnu、リトグリ、V6、青山テルマ……日本語のグルーヴの最新型示す新作

宇多田ヒカル 、King Gnu、リトグリ、V6、青山テルマ……日本語のグルーヴの最新型示す新作

宇多田ヒカルにただただ心を揺さぶられた 静寂の中に“希望”見た『Laughter in the Dark』ツアー

宇多田ヒカルにただただ心を揺さぶられた 静寂の中に“希望”見た『Laughter in the Dark』ツアー

宇多田ヒカル楽曲の変遷 3つの音楽的ポイントから探る

宇多田ヒカル楽曲の変遷 3つの音楽的ポイントから探る

宇多田ヒカル、『Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)』配信リリース

宇多田ヒカル、『Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)』配信リリース

宇多田ヒカル、cero、tofubeats……2018年のJ-POPにおける“ポリリズム”の浸透

宇多田ヒカル、cero、tofubeats……2018年のJ-POPにおける“ポリリズム”の浸透

宇多田ヒカル、新シングル『Face My Fears』詳細公開 「誓い」英語詞Ver.など収録

宇多田ヒカル、新シングル『Face My Fears』詳細公開 「誓い」英語詞Ver.など収録

宇多田ヒカル、スクリレックスと『KINGDOM HEARTS III』OPを共作 新シングル発売も

宇多田ヒカル、スクリレックスと『KINGDOM HEARTS III』OPを共作 新シングル発売も

嵐、宇多田、三代目JSB、TWICEらと共演するのは誰だ? 『Mステへの階段』最終審査をAbemaTVで生放送

嵐、宇多田、三代目JSB、TWICEらと共演するのは誰だ? 『Mステへの階段』最終審査をAbemaTVで生放送

三浦大知、w-inds.、宇多田ヒカル、小袋成彬、cero……変化する日本語ポップスの譜割り

三浦大知、w-inds.、宇多田ヒカル、小袋成彬、cero……変化する日本語ポップスの譜割り

宇多田ヒカルの主題歌に乗せて描かれる“ひと夏の冒険” 『ペンギン・ハイウェイ』SPトレーラー公開

宇多田ヒカルの主題歌に乗せて描かれる“ひと夏の冒険” 『ペンギン・ハイウェイ』SPトレーラー公開

宇多田ヒカル、“プロフェッショナル”のあり方を語る「自分の聖域を守るっていうこと」

宇多田ヒカル、“プロフェッショナル”のあり方を語る「自分の聖域を守るっていうこと」

宇多田ヒカルが抱える“孤独”と“祈り” 「初恋」披露した『SONGS』から感じたこと

宇多田ヒカルが抱える“孤独”と“祈り” 「初恋」披露した『SONGS』から感じたこと

中居正広総合司会『音楽の日』第1弾出演者発表 宇多田ヒカル、EXILEら23組

中居正広総合司会『音楽の日』第1弾出演者発表 宇多田ヒカル、EXILEら23組

宇多田ヒカル、アルバム『初恋』より新映像公開 Superorganismによる「パクチーの唄」カバーも

宇多田ヒカル、アルバム『初恋』より新映像公開 Superorganismによる「パクチーの唄」カバーも

宇多田ヒカルが語る、“二度目の初恋” 「すべての物事は始まりでもあり終わりでもある」

宇多田ヒカルが語る、“二度目の初恋” 「すべての物事は始まりでもあり終わりでもある」

Drake、Diploも参戦のゲーム実況 eスポーツの波に乗り、ゲームは時代のメインストリームになるか

Drake、Diploも参戦のゲーム実況 eスポーツの波に乗り、ゲームは時代のメインストリームになるか

宇多田ヒカルのフリーペーパー『うたマガ』16年ぶりに復刊 新アルバム『初恋』コラボ・カフェも

宇多田ヒカルのフリーペーパー『うたマガ』16年ぶりに復刊 新アルバム『初恋』コラボ・カフェも

ドリカムから椎名林檎まで……ストリーミング解禁の背景は ジェイ・コウガミ氏に聞く

ドリカムから椎名林檎まで……ストリーミング解禁の背景は ジェイ・コウガミ氏に聞く

宇多田ヒカル、“恋の始まり”をどう表現? 『花男』シリーズ「Flavor Of Life」「初恋」聴き比べ

宇多田ヒカル、“恋の始まり”をどう表現? 『花男』シリーズ「Flavor Of Life」「初恋」聴き比べ

宇多田ヒカル、『花のち晴れ』イメージソング「初恋」MV公開 配信もスタート

宇多田ヒカル、『花のち晴れ』イメージソング「初恋」MV公開 配信もスタート

ドラマ『花のち晴れ』が描くそれぞれの“初恋” 宇多田ヒカルのイメージソングとの親和性を考える

ドラマ『花のち晴れ』が描くそれぞれの“初恋” 宇多田ヒカルのイメージソングとの親和性を考える

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版