【漫画】亡くなった妻の代わりに“完璧なロボット”を作ったが……Twitterで発表された漫画に衝撃

 “人間の本質”という哲学的なテーマを問いかけてくる漫画は少なくない。4月下旬にツイートされた『妻が死んだので代わりに完璧なロボットを作った話』は、読み終わると人間が持つ不完全さを愛おしく感じてしまう作品だ。

 完璧主義かつモラハラ気質な夫のDVに耐え兼ねた妻は実家に帰ることを決意するも、その道中で事故に遭い、他界してしまう。突撃の悲報に動揺したのか、夫は“欠陥”を全て排除した生前の妻そっくりのアンドロイドを作る。全ての要求を完璧に応えるアンドロイドに当初は満足するも、次第に違和感を覚えるようになって―――。

 本作の作者は、仕事の合間を縫いながら、“1週間1本ネーム”を目指して日々漫画制作を行っている黒川明さん(@98_kurokawa)。衝撃的なラストが心に刺さる本作を制作した経緯、込めたメッセージなど話を聞いた。

続きを読むには画像をクリック



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる