【漫画】もしも“格ゲーのラスボス”が渋谷に降臨したら? あるあるなキャラがTwitterで話題

【漫画】“格ゲーのラスボス”が渋谷降臨?

 もし格闘ゲームのキャラクターが現実世界に出現したらどうなるだろうか。心根の真っ直ぐな主人公キャラであれば、前向きに生きていくかもしれない。強さや性格によっては、世界を大パニックに陥れてしまうだろう。

 そんな妄想するだけでワクワクしてしまう設定の漫画が、Twitterで大きな話題となった。2021年7月に発表された『格ゲーのラスボスといっしょにすごす話』は、作画担当として商業誌で連載をもつ蒼木雅彦さん(@aokimasahiko)のオリジナル作品である。

 「リアルサウンド ブック」では設定創作の根元や、キャラ作りで意識した点など、話を聞いた。(青木圭介)

気になる作品はこちら

クリックして続きを読む



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる