『ONE PIECE』ルフィが持つ、リーダーとしての資質とは? “周囲を巻き込む力”の強さ

『ONE PIECE』ルフィが持つ、リーダーとしての資質とは? “周囲を巻き込む力”の強さ

 ルフィは『ONE PIECE』の世界において、いまだ謎に包まれている“Dの意志”を継ぐ者であったり、父や祖父に各界の権力者がいたりと強力な血統の持ち主であるが、それに対する彼自身はどこ吹く風。ルフィが信じているのはともに航海をする仲間たちと、“努力をした果てに手に入れた”自らの力である。麦わらの一味の面々を率いる彼は、自分一人では何も成すことはできないことを自覚している。自分の弱い部分を認め、他者を受け入れる。これがルフィのリーダー論なのだ。彼が天然で、誰もが接しやすいというのもリーダーとしての資質だろう。

 かつての海賊王ゴールド・ロジャーは、“富・名声・力”を手に入れたとされているが、ルフィが目指す海賊王とは、“この海で一番自由な存在”。ここに普段の彼の思想や言動の原点が見られる。仲間たちに対してはもちろんのこと、海賊という“悪党”と目されていようとも誰に対しても分け隔てなく、支配的なコミュニケーションの取り方をしないところが、リーダーとして最も優れている点なのではないだろうか。これは私たちの社会でもいえることだ。これらのことこそが、『ONE PIECE』という超大作で、ルフィが中心に立ち続けられる理由なのだろう。

■折田侑駿
1990年生まれ。文筆家。主な守備範囲は、映画、演劇、俳優、服飾、酒場など。最も好きな監督は増村保造。Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる