『こち亀』両津はめちゃくちゃモテる男だった! 流した浮き名の数々を検証

『こち亀』両津のモテっぷり

秋本麗子

 両津に最も長く想いを寄せていたものと見られるのが、こち亀のヒロインである秋本麗子だ。彼女の両津への想いが見られたシーンは、以前リアルサウンドで取り上げた。(参考:『こち亀』秋本麗子は両津に惚れている? 麗子が垣間見せた恋心を検証

 麗子は、両津にマリアや磯鷲がアプローチするのを応援している様子が見受けられたが、擬宝珠纏には嫉妬したことがある。署で両津と纏の妊娠騒動が持ち上がった際、「恥ずかしいからみんなには黙っていたけどね」と頬を赤くする纏をみて、なにかを感じたようで「おめでとう」と言ったものの、「両ちゃんがパパになるなんて…」つぶやき、麗子と両津の楽しい思い出を回想していた。

 結局、両津と纏はプロレスごっこをしていただけで、「行為」もなく、署員の勘違いだったことが発覚するのだが、その際には安心していたようにも見えた。中川は完全に麗子が両津を好きだと感じており、そのことを両津に伝えたことも複数回あるが、それでも話は進展しなかった。ただし両津も薄々好きという感情を持っているような描写もあっただけに、「最後にゴールイン」という可能性もゼロではない。

実はモテる両津勘吉

 おじさんでイケメンとは言えないルックスの両津だが、持ち前の女性への優しさや行動力で、かなりモテていた。

 当の両津は財産への興味が強いだけに、女性の感情に気がついていない、あるいは興味がない様子だったが、彼がその気になれば、すぐにでも結婚できる可能性はかなり高いはず。

 両津の結婚シーンが描かれることは、果たしてあるのだろうか。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる