漫画家を目指す人にとって最高の教材? “カメラアングル”を意識したプロの添削がスゴい

 しかしその上でハイド氏は「イラストを描かない人は上手いと思うかもしれないけれど、例えば手の小指が1番長くなっている。プロの世界で認められたいと思ったら、“こういう部分は通用しないよ”ということは言っておきます」ときちんと細部に関してアドバイスする場面も。また、スムーズにコマを読み進めるための“カメラアングル”の指導や、描画ソフトの“背景ツール”に頼ってしまうことの弊害などにも触れており、唸らされる。

 ハイド氏の解説を聞いていると、コマ割りの導線など、細部まで気を配りながら、プロの漫画家は作業しているということがわかる。10代でこれから本格的にプロの漫画家を目指す、路地裏の猫さんは非常に学びの多い動画になったのではないだろうか。

 例えば、イラストを描く人ではなくても、ハイド氏の解説動画を1本丸々見てみることで、これまで気にしていなかった漫画家の構成力なども気になってくるのではないだろうか。その上で“やっぱりよく出来ている”など、改めて好きな漫画家の細かな魅力に気づくことができるかもしれない。

 その点も踏まえて、ハイド氏の動画を見てみると、漫画の奥深さを学べて非常に面白い。気になる人はぜひ1度、YouTubeチャンネル「【 Hyde Channel 】元週刊少年漫画家ペガサスハイド」をチェックしてみよう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる