なぜ将棋の世界に女性プロ棋士はいない? 綾崎隼『盤上に君はもういない』の問いかけ

なぜ将棋の世界に女性プロ棋士はいない? 綾崎隼『盤上に君はもういない』の問いかけ

 藤井聡太二冠の歴史に残る大活躍で、最高潮に沸き立つ将棋界にあって、次の歴史的な”事件”となりそうなのが、女性プロ棋士四段の誕生だ。現在、可能性を持った女性が2人いて、これから始まる三段リーグで、男性に混じって四段昇段を目指した戦いを繰り広げる。

 綾崎隼の小説『盤上に君はもういない』(KADOKAWA)には、そんなプロ棋士を目指す2人の女性が登場。女性が将棋の世界で戦う大変さ、ライバルとしてしのぎを削り合う素晴らしさが物語からあふれだす。

 将棋のプロ棋士に女性はいない。こう言うと、ワイドショーでよく話題にされていた林葉直子さんはプロ棋士ではなかったのか、といった声が出そうだが、林葉さんはプロではあっても女流棋士という制度の中でのプロで、羽生善治九段や藤井二冠が活躍するプロ棋士の世界とは重なっていない。

 プロ棋士とは奨励会に入り、半期ごとに行われる三段リーグで上位2人に入って、四段に昇格した者が名乗れる立場。藤井二冠が最初に話題になったのも、その四段に14歳2カ月の史上最年少で昇段した時だった。

 女性棋士誕生の重大さを語る上で、基本となるこうした知識がまず示され、長い将棋の歴史の中でプロ棋士になれた女性が、1人もいないことが強調される。どうしていなかったのか。里見香奈女流四冠は男性棋士に公式戦で何度も勝っている。それだけ強いなら、奨励会に入って三段リーグで勝ち抜き四段になってもおかしくないのではないか。そこが謎であり、同時に厳しいものなのだということが、2人の女性を軸にして語られていくのが、『盤上に君はもういない』という物語の前半だ。

 まず登場するのが、諏訪飛鳥という女子。祖父が永世飛王の称号を持つプロ棋士で、父親も元プロ棋士、母親も女流棋士という家に育った。女性棋士が誕生しない理由として言われる、男性と競い合う機会が少ないというハンディは飛鳥にはなかった。

 小学生で女流棋士になり、奨励会に入ってからも16歳で三段リーグまでたどり着いていた飛鳥の前に立ちふさがったのが、四段昇段を決めれば14歳1カ月という、史上最年少棋士の記録を打ち立てることになる竹森稜太だった。AIを相手に将棋を指し続けて強くなった現代っ子の少年と、棋士一家に生まれた少女という2人だけでも、ライバル描写や恋愛描写を絡めれば、十分に面白い物語になりそう。ところが、綾崎隼は隠れたところからもう1人、真のヒロインを送り込んできた。千桜夕妃という26歳の女性だ。

 飛鳥も夕妃の存在は知っていた。ただ、体が弱いのか過去に三段リーグを全休したことがあり、飛鳥が参戦した期も、序盤に三連敗して昇段戦線から後退した。だから眼中から外れていた。それが、以後の対局を勝ち続けて飛鳥や稜太に並んできた。

 稜太の昇段が先に決まり、残る1席を飛鳥と夕妃が争う対局は、飛鳥をヒロインのように読んできた目には、乗り越えるだけの壁に見えた。違っていた。この大どんでん返しともいえそうな構成に、読者はまず驚かされる。なおかつ、夕妃がその後に見せた生き方に、将棋だけが人生なのか、将棋よりも大切なことがあるのではないか、といったことを強く思わされる。

 大どんでん返しの先でしばらく描かれる、夕妃が将棋を指し始めた事情、そして、指さなくなってしまった事情を知ることで、プロ棋士になることだけを目標に将棋を指してきた飛鳥も、天才過ぎるが故に成り行きで棋士になってしまった稜太も、現実の奨励会でプロ棋士になろうとあがき続ける”将棋の子”たちも、自分と将棋との関わり方を、改めて問い直すことができるだろう。

 詳細については、物語を読む興をそぎ、驚きを減じてしまうから語らないが、少しだけ言うなら『盤上に君はもういない』は、女性のプロ棋士四段誕生という歴史的な事件だけを描いた物語ではない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「小説」の最新記事

もっとみる