ムーンライダーズの記事一覧

(6件)

アルバム『センチメンタル通り』1枚だけを発表し解散した、はちみつぱいを母体として、75年に結成。翌年、鈴木慶一とムーンライダーズ名義で1stアルバム『火の玉ボーイ』をリリース。ダブルネームでクレジットされたのは当初、鈴木慶一のソロ・アルバムとして制作が進められていたためだ。この作品は、ラスト・ショウ、ティン・パン・アレイ、矢野顕子といった面々も参加し、「東京のロマンティシズム」を描き出した秀作として語られている。当時から幅広い音楽的視野をもっていた彼らは、ロックンロール/ジャズ/ファンクなどのテイストを取りこみ、独自のスタイルをいち早く掌握しはじめていた。また、77年に発表されたアルバム『ムーンライダーズ』では、スパークスや10CCを彷彿させるモダン・ポップにアプローチし、ニューウェイヴの先駆け的な楽曲を披露。実験性を併せもつサウンド・スタイルを提示した。
その後もアルバム毎に異なる音楽要素を吸収/反映させた作品をリリースし続けるが、86年の『ドント・トラスト・オーバー・サーティー』発表後、「異様なバンド・ブームで気持ちが萎えてしまったから」を理由に、5年間活動を停止。メンバーはそれぞれソロ・ワークスを展開した。91年『最後の晩餐』発表と共に再始動。96年リリースの結成20周年記念アルバム『ビザール・ミュージック・フォー・ユー』には矢野誠、矢野顕子、糸井重里、野宮真貴といったムーンライダーズゆかりの人々が参加し、話題となった。彼らの時代の半歩先を行く先鋭性と特定のサウンド形態にこだわらないハングリー精神は、息の長いリスナーから熱い支持を得ている。

『アウトレイジ』『若おかみは小学生!』……鈴木慶一が手がける映画音楽の魅力

『アウトレイジ』『若おかみは小学生!』……鈴木慶一が手がける映画音楽の魅力

ムーンライダーズ、かしぶち哲郎一周忌ライブのアンコール公演決定 ドラムには夏秋文尚を迎える

ムーンライダーズ、かしぶち哲郎一周忌ライブのアンコール公演決定 ドラムには夏秋文尚を迎える

ムーンライダーズ、かしぶち哲郎一周忌に一夜限りの復活 トリビュートALの発売も決定

ムーンライダーズ、かしぶち哲郎一周忌に一夜限りの復活 トリビュートALの発売も決定

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版