森山直太朗の記事一覧

(48件)

1976年4月23日東京都生まれ。少年時代より一貫してサッカーに情熱を傾ける日々を送るが、大学時代より本格的にギターを持ち、作曲活動をスタート。その後、ストリート・パフォーマンスやライヴハウスのライヴ活動を展開。01年3月にインディーズ・レーベルより“直太朗”名義でミニ・アルバム『直太朗』を発表。高音での表現力に長けたヴォーカルを持ち味に、日本のフォーク・シーン直系の楽曲から、たゆたうメロディが印象的なポップ・ソングまで繰り広げる。
そして、02年10月にミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャー・デビューを果たし、この作品に収録されている「さくら」(03年3月にシングル・カット)で叙情的な詩世界とその独特な歌声に注目が集まるり大ブレイクを果たす。淡く切なく美しい情感をたたえた、“卒業”の新たなスタンダード・ソングとなった。
続く「夏の終わり」でも、流転していく季節の中で感じるノスタルジアとそこはかとない喪失感を描きだす。それはすべての日本人の心の琴線を揺らさずにはおかない。04年に入ると“生命力”をテーマに掲げ、「太陽/声」「生きとし生ける物へ」といった力強くスケールの大きな楽曲で新たな魅力を打ち出したのだ。
その後もコンスタントにリリースとライヴ活動を展開。05年には従来のコンサートでも垣間見せたシアトリカルな要素を高めた音楽劇での劇場公演『森の人』を成功させ、06年には楽曲の共作でもある詩人、御徒町凧の作・演出により演劇舞台『なにげないもの』に役者として出演し好評を博すなど、表現活動は音楽だけにとどまらない。
08年3月、3rdフル・アルバム『諸君!!』をリリース。中孝介に書き下ろした「花」のセルフ・カヴァーを含む本作は、等身大の森山直太朗らしさが色濃く投影された作品に仕上がっている。

『心の傷を癒すということ』からにじみ出るつくり手たちの誠意 2020年の私たちが考えるべきこと

『心の傷を癒すということ』からにじみ出るつくり手たちの誠意 2020年の私たちが考えるべきこと

いいドラマをつくる上で大切なのは、「誠意」なんだと思う。  扱う題材に対して。自分たちの表現に対して。観てくれる人たちに対して…

ドキュメンタリー『ムヒカ』予告編公開 ナレーションは安藤サクラ、主題歌は三浦透子×森山直太朗

ドキュメンタリー『ムヒカ』予告編公開 ナレーションは安藤サクラ、主題歌は三浦透子×森山直太朗

ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』の公開日が4月10日に決定し、予告編、場面写真が公開された…

『心の傷を癒すということ』が描く“あの日までの日常” 時間の残酷さを突きつける驚くべき構成

『心の傷を癒すということ』が描く“あの日までの日常” 時間の残酷さを突きつける驚くべき構成

2020年、神戸。西日本が誇るベイエリアの佳景が俯瞰で映し出され、瀟洒な街並に位置する東遊園地では、今年も恒例の「阪神淡路大震災…