赤い風船が物語の鍵に ユアン・マクレガー主演『プーと大人になった僕』日本版ポスター公開

 9月14日に全国ロードショーされる映画『プーと大人になった僕』から日本版本ポスターが公開された。

 『くまのプーさん』初の実写映画化となる本作の舞台は、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)が「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わし、別れた後。大人になってロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーさんの再会から物語が始まる。

 今回公開された日本版ポスターには、クリストファー・ロビンが、舞台となるロンドンで赤い風船をプーさんに手渡す姿が描かれている。大人になったクリストファー・ロビンは仕事の合間らしく、スーツを着て大きなカバンを持っている。また、プーさんのトレードマークでもある風船は、これまでの物語では、はちみつを採るために使う道具として登場していたが、本作ではこのプーさんの赤い風船が、物語を語る大切な鍵になっているという。

 監督を務めるのは、『チョコレート』『007 慰めの報酬』のマーク・フォスター。

■公開情報
『プーと大人になった僕』
9月14日(金)全国ロードショー
監督:マーク・フォスター
出演:ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェルほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2018 Disney Enterprises, Inc.
公式サイト:disney.jp/Pooh-Boku

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ