ガル・ガドット主演のDC映画『ワンダーウーマン』、日本公開日が8月25日に決定

ガル・ガドット主演のDC映画『ワンダーウーマン』、日本公開日が8月25日に決定

 ガル・ガドット主演映画『ワンダーウーマン』の日本公開日が8月25日に決定した。

 本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』に続く、DCコミックス原作のDCエクステンディッド・ユニバースに属するアクション映画。人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスで、誰よりも優しく育った最強の女戦士ワンダーウーマン(ダイアナ・プリンス)の活躍を描く。

 シャーリーズ・セロン主演映画『モンスター』のパティ・ジェンキンス監督がメガホンを取り、ワンダーウーマン役のガドットのほかに、『スター・トレック BEYOND』のクリス・パインが出演する。

 数多くの女性スタッフによって製作された本作について、ジェンキンス監督は「『ほら、女だってこんな事ができるのよ!』って必死に売り込む必要がない。ワンダーウーマンはそんな時代を体現するキャラクターだと思う」と語る。ガドットは「かつて少女だった女性こそ、この物語を正しく描ける」と女性監督のジェンキンスへ絶大な信頼を寄せている。

■公開情報
『ワンダーウーマン』
8月25日(金)全国ロードショー
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ