【都内急増】オレンジジュース自販機、1杯600円は高い? 個性派自販機が並ぶ秋葉原で実際に買ってみた

■オタクの街、秋葉原でも発見!

秋葉原駅。コロナ騒動が終息し、外国人観光客が増えてきた。

 秋葉原の名物といえば何が思い浮かぶだろうか。2000年代の秋葉原ブームの頃は、チチブデンキの前の自販機で売られている「おでん缶」が有名であった。その後、なぜか「ケバブ」の店がやたらとあちこちにできた時期もあった。JR総武線のホームにあるミルクスタンドも人気が高い。王道だが、ラーメン屋もうまい店が多い。

 そんな秋葉原でひそかにブームになっているのが、オレンジジュースの自動販売機である。別に秋葉原に限ったことではなく、各地にあるのだが、秋葉原のランドマークである「ラジオ会館」や「AKIBAカルチャーズZONE」に設置されているので、目にしたことがある人も多いのではないだろうか。

「らしんばん」などのアニメショップがある「AKIBAカルチャーズZONE」にある自販機。オレンジの隣にりんごの自販機も並んでいる。奥に見える『ドラゴンボール』の孫悟空の道着の色もオレンジ色(正確には山吹色らしいが)である。

 この自販機はME Group Japanの「Feed ME 生搾りジュースマシンサービス」というものだ。最近、オレンジジュースの原材料のオレンジが高騰。スーパーで品不足になったり、はたまた価格が上がったり、オレンジとみかんをミックスしたジュースが発売されるなど……連日ニュースとなっている。そんな中で搾りたてのフレッシュなジュースが飲めるのだから、この自販機は貴重かつ重要な存在といえるであろう。

■1杯600円は高い? 安い?

タッチパネルで操作する。1杯600円である。

 筆者は今まで飲んだことがなかったが、飲んでみることにした。価格を見て驚いた。600円である。400円くらいだろうと思っていたのだが、読みが甘かった。なかなかいい値段であるが、1杯あたり3~4個のオレンジを使っているという。もちろん果汁100%であり、濃縮還元ではない。そう考えると600円でも安いような気がしてくる。

 オレンジ色を強調したポップな自販機のデザインはなかなかいいし、純粋においしそうである。使い方は簡単で、タッチパネルで決済方法を選んで、600円を支払うだけである。決済が終わると、自販機の中にあるオレンジが機械で搾られていく。その様子は見ることができる。決済が終わってから40~60秒くらいで、あっという間にジュースが完成した。

お金を入れると機械がオレンジを絞り出す。なかなかエンタメ性がある。
搾りたてのジュースが出てくる。

 飲んでみると確かにおいしい。しっかりとした甘みがある。筆者はキンキンの冷えたジュースが好きなので、その点は若干不満に感じたが、搾りたてということでオレンジの香りもいい。1杯あたり200mlなので、筆者は一瞬で飲み終えてしまったのだが、手軽に味わうにはちょうどいい量といえるだろう。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる