漫画ライターが選ぶ「2021年コミックBEST10」若林理央編 漫画表現のさらなる可能性を感じた1年

「2021年コミックBEST10」若林理央編

2021年コミック・ベスト10(若林理央)

1位 『僕たちのリアリティショー』ふみふみこ(講談社)
2位 『ミワさんなりすます』青木U平(小学館)
3位 『あだち勉物語~あだち充を漫画家にした男~』ありま猛、監修:あだち充(小学館)
4位 『幻怪地帯』伊藤潤二(朝日新聞出版) 
5位 『九条の大罪』真鍋昌平(小学館)
6位 『ひとりで生きるはままならぬ』津野みぞ子(オーバーラップ)
7位 『DEATH NOTE短編集』 小畑健、原著:大場つぐみ(集英社)
8位 『ひとくい家族』福満しげゆき(双葉社)
9位 『当然してなきゃだめですか?』シモダアサミ(祥伝社)
10位  『僕らが恋をしたのは』オノ・ナツメ(講談社)

ランクインした作品たち

 コロナ禍の閉塞感を打ち破るかのように、2021年は漫画関係の話題に事欠かなかった。『進撃の巨人』の連載終了、『劇場版 鬼滅の刃』の大ヒット……人気長編漫画のニュースが続いた。一方で、多彩な漫画が続々と誕生したことも忘れてはならない。

 2021年1月から12月に第1巻発売された新作の中で、漫画というエンターテイメントの可能性を改めて感じた漫画を挙げた。

『僕たちのリアリティショー』で交差する登場人物と読者の感情 

 私の中で1位にランクインしたのは、心の機微を描くことに長けた漫画家・ふみふみこの最新作『僕たちのリアリティショー』だ。

 軸となるのは恋愛リアリティショーに出演している新人女優いちかと、いちかの幼なじみの青年・柳だ。

 柳は淡々とした作業を好む地味な青年だが、繊細ないちかに誰よりも寄り添える存在である。例えば序盤、いちかの突然の死を知ったとき、彼は自ら命を断ったいちかに対し「ごめんね」と自分を責める。

 その後、時は半年前に遡り、柳といちかの体が入れ替わったところから物語は展開する。体が柳になっても、いちかの生き辛さはいちかだけのもので、柳はそれを理解したうえで「死なせたくない」と願う。

 死にたいと言う人に「死ぬな」と呼びかけるのは簡単だ。だが、それは本当に相手の身になって放たれた言葉なのだろうか。柳は死に至るまでの心の苦しみを想像したうえでいちかに「生きていてほしい」と思う。

 「死ぬな」と「生きていてほしい」には大きな違いがある。本作は自らの苦しみ、身近な人の苦しみに思いを馳せながら読むことができる名作なのだ。

ジャンル分け不可能な新しいエンタメ『ミワさんなりすます』

『ミワさんなりすます』青木U平(小学館)

 『ミワさんなりすます』を読んだとき、どのジャンルにも縛られない自由と新しさを感じた。本作の主人公はアラサーの女性ミワ。彼女は行き違いから「激推し」の俳優・八海のなりすまし家政婦になる。

 読者は、いつミワの正体がばれるのかひやひやしたり、八海が自信のないミワを肯定するくだりにときめいたりしながらページをめくる。それだけではなく、本作には笑いの要素も詰め込まれている。

 サスペンスか恋愛ものかギャグか……。

 『ミワさんなりすます』の物語の軸はぶれることがない。それなのに本作を読むと、多様なジャンルのエンターテイメント作品が持つ魅力がまるごと味わえる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ランキング」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる