『僕のヒーローアカデミア』暗雲立ち込める最終章のはじまり 生き方を迫られるヒーローたちは今後どうなるのか

『ヒロアカ』暗雲立ち込める最終章

 『僕のヒーローアカデミア』(以下、『ヒロアカ』)がいよいよ最終章をむかえる。堀越耕平が「週刊少年ジャンプ」で連載している本作は、世界総人口の約8割が特殊な力(個性)を持つ超人社会を舞台にしたヒーロー漫画だ。

 強い「個性」を持つ者が“ヒーロー”として活躍する超人社会でヒーローを目指すデクこと緑谷出久は、個性を持たない「無個性」の少年だったが、No.1ヒーローで「平和の象徴」と呼ばれるオールマイトの個性「ワン・フォー・オール」を譲り受け、雄英高校のヒーロー科に入学。そこで知り合った仲間たちと共にヒーローを目指して成長していく。

 今年の夏には劇場アニメの第3作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールドヒーローズ』が公開され、勢いを増す『ヒロアカ』だが、単行本第31巻では、クライマックスに向かって物語が大きく動き始めた。

※以下、単行本31巻までのネタバレあり。

 超人社会転覆を目論むヴィラン(悪党)の死柄木弔が率いる超常解放戦線によるテロ計画は、ヒーローたちの奇襲作戦によって阻止された。しかしその代償は大きく、戦場となった街は壊滅。廃墟と化した街を見たヒーローたちは無力感に打ちひしがれる。

 一方、逃げ延びた死柄木は、対“個性”最高警備特殊拘置所、通称・タルタロスを襲撃し、自身が先生と呼ぶ「オール・フォー・ワン」をはじめ収容されていたヴィランを開放する。脱獄したヴィランたちは各地の刑務所を襲撃。犯罪者たちが野に放たれ、都市部ではヒーローに頼れない市民が自ら武装してヴィランと戦う無秩序状態に。ヒーローの信頼が失われ、仲間たちが続々と廃業していく中、残されたヒーローたちは、これからの生き方を迫られていた。

 この31巻が面白いのは、物語の前提となっていた超人社会が崩壊する様子が順を追って描かれていることだ。架空の世界とは言え、ここまで社会秩序が崩壊していく様子が漫画の中で描かれることは珍しい。特に少年漫画は主人公の成長物語が中心となるため、背景となる社会の有り様を細かく描くことが難しい。

 ここまで切迫した社会崩壊を『ヒロアカ』が描いたのは、ヒーローという概念が社会と無関係ではいられないからだろう。同時に、コロナ禍に世界中の人々が感じている先が見えない不安と劇中の物語をシンクロさせたかったのだろうと思う。

 同時期にジャンプ本誌では『呪術廻戦』も「渋谷事変」という長編エピソードが終わり、劇中の社会秩序が崩壊して世界が大きく様変わりする様子を描いていた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる