『僕のヒーローアカデミア』ワン・フォー・オールの謎 いまだ明かされぬ継承者のルーツを考察

『ヒロアカ』OFAの謎

 2021年9月現在、大人気バトル漫画『僕のヒーローアカデミア』が終章に差し掛かり、クライマックスに向け大きな盛り上がりを見せている。そんな本作の鍵を握るのが、デクがオールマイトから受け継いだ個性“ワン・フォー・オール”(以下ではOFAと表記)だ。物語が進むにつれてその成り立ちや重要性が次々と明らかになってきたこの個性。そこで本稿では、“OFA”の概要と未だ明かされていない謎を総ざらいしながら、考察していく。

※以下、本誌のネタバレを含む

 「ワン・フォー・オール」という名が最初に出たのは、単行本1巻でオールマイトがデクに個性の説明をしている際だ。その後体育祭編で身体を壊しながらも奮闘するデクは、心操人使との試合中に歴代継承者の面影を見る。オールマイトも面影の詳しい情報は掴めていない様子だったが、秋に差し掛かった頃、デクが初代継承者の夢を見た際に物語は大きく動いた。夢に出現した初代の意思は、「オール・フォー・ワン」(以下ではAFOと表記)と自身の会話の記憶を見せる。

 突如個性が発現し混乱する社会で、1人の男が「個性を奪い与える個性」を使用しいち早く裏社会を牛耳った。その男「AFO」は個性によって苦しむ人間を誘惑し手駒を増やしながら、順調に勢力を拡大していく。しかし実弟である死柄木与一だけは、彼の思想に真っ向から反発した。幾度となく反抗してくる与一に痺れを切らしたAFOは、無個性である彼に「力をストックする個性」を無理やり譲渡する。しかし与一には、それ単体では何もできない「個性を譲渡する個性」が生まれつき宿っていた。この2つの個性が混じり合い「力をストックし他人に譲渡する個性」が出現したときこそ、“OFA”がこの世に生まれた瞬間である。 “OFA”はAFOを倒すため、脈々と受け継がれてきた個性だったのだ。

 そしてA組vsB組の合同訓練で歴代継承者の1人が扱った個性“黒鞭”が発現し、“OFA”の中には歴代継承者の個性もパワーアップしながらストックされていると判明した。“黒鞭”出現後間もなく歴代継承者全員が姿を現し、デクも死柄木弔など強敵との戦いを経て多くの個性を発現してみせたのだった。

 本誌では“OFA”を受け継いだデクがAFOに狙われ、周囲を巻き込まないよう単独行動を余儀なくされた。この事実から相当に重要な個性であるとわかる“OFA”だが、この個性には未だ明かされていない謎がいくつか存在する。その中でも1番注目されているのは、2代目の正体だろう。

 原作第304話にて、デクは遂に歴代継承者全員と相対する。しかし2人のみ、デクと口を利かず静かに壁際に立つ男がいた。登場当初は2人がこの状態である理由にもさまざまな考察がされたが、これはデクの思想に反対であったためだと判明している。AFOが肉体的に全盛期であり、その後の歴史の中でも1番凶悪だった頃。その彼に牙を剥き、反旗を翻したのがこの2代目継承者と3代目継承者だったのだ。そのため2人にとってAFOは敵でしかなく、「死柄木弔を救いたい」と語ったデクの理想を理解できなかったのである。しかし初代である与一の言葉もあり、最後には協力する姿勢を見せていた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる