電車内で男女が出会う、一見上手な漫画がプロ作家の添削で激変 重要なのは「読者を想定する」こと?

 さらにもうひとつの大きなアドバイスとして、「読者を想定すること」を指摘するハイドし。男性がターゲットなら、インパクトがあるシーン、サービスのあるシーンがあるとより読者を引き込むことができるし、女性がターゲットなら、もっとときめけるシーンにする必要があるかもしれない。いずてにしても、「読者を喜ばせること」を考えないと、平坦な作品になりがちなようだ。

 このように具体的なアドバイスを踏まえて、あらためて元の漫画を見てみると、なるほど改善点があることがしっかりわかる。投稿者以外のクリエイターにとっても学びが大きい内容であり、いつかこの“ペガサスハイド塾”から、人気作家が出てくるかもしれない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる