【ネタバレあり】『東京卍リベンジャーズ』は映画版も面白い! 原作へのリスペクト感じる、製作陣の工夫

映画『東京リベンジャーズ』原作との違い

 累計発行部数は2500万部を越え、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を伸ばし続けるSF不良漫画『東京卍リベンジャーズ』(講談社)。そんな中2021年7月9日、ファン待望となる本作の実写映画『東京リベンジャーズ』が遂に公開された。作者である和久井健が「3回泣いた」と語る、珠玉の出来となっている劇場版。しかし映画内容には原作とは異なる点が、いくつか散見された。そこで本記事では『東京リベンジャーズ』と原作『東京卍リベンジャーズ』の相違点に注目しながら、各々の魅力について再考していく。

※本稿には映画『東京リベンジャーズ』のネタバレを含みます。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる