“おじさん”主人公のバトル漫画『怪獣8号』なぜブレイクした? ジャンプの必勝パターン×ミステリー群像劇の面白さ

“おじさん”主人公のバトル漫画『怪獣8号』なぜブレイクした? ジャンプの必勝パターン×ミステリー群像劇の面白さ

 『怪獣8号』(集英社)の第2巻が発売された。漫画アプリ「少年ジャンプ+」で松本直也が連載している本作は、怪獣大国と呼ばれている日本を舞台にしたアクションバトル漫画。

 怪獣清掃会社で働く32歳の青年・日比野カフカは、後輩の市川レノとともに、一度は諦めた怪獣討伐を目的とした防衛隊員の入隊試験に挑む。

 連載開始してすぐに本作は人気作品となり、2巻発売の時点で累計発行部数は「少年ジャンプ+」最速で累計100万部を突破。怪獣映画のテイストを、ジャンプ漫画の必勝パターンに落とし込んだミステリーテイストの群像劇として珠玉の仕上がりとなっている。

以下、ネタバレあり。

 防衛隊員選別試験の第二次最終審査に挑んだカフカたちは、試験の舞台となった市街地型演習場で、防衛隊によって配置された本獣(メインで発生した怪獣)と余獣(本獣に派生して生まれた怪獣)達との戦いに挑んでいた。

 史上最高の逸材と言われる防衛隊長官の娘・四ノ宮キコルが圧倒的な体術で本獣を倒したことで、試験はあっさりと終了する。しかし、そこに討伐リストに登録されていない謎の人型怪獣が現れ、キコルを襲撃。謎の怪獣は殺された怪獣を蘇生させ、圧倒的な力でキコルを襲う。そこに、カフカが駆けつけ怪獣に変身。謎の怪獣に戦いを挑む。

 謎の小型怪獣が体内に入り込んだことで、カフカは人型怪獣に変身する力を身につけていた。タイトルの『怪獣8号』とは、怪獣に変身したカフカに付けられたコードネーム。正体が判明すればカフカ自身が怪獣として処分されてしまう状況の中で、カフカはためらうことなく変身してキコルを救う。

 その後、謎の怪獣は姿を消す。キコルが黙っていてくれたことでカフカの正体は知られずに済む。試験は終わり、キコルやレノは無事入隊。カフカは不合格になりかけるものの、第3部隊副隊長の保科宗四郎が、カフカに興味を持ったことで候補生として入隊する。カフカたちが入隊して以降は、登場人物が一気に増えて、物語は学園漫画テイストのにぎやかなものになっていく。

 物語の導入部に、主人公たちが所属する組織や職業の選別試験を描き、その後、学園ドラマテイストに変わっていく展開は、古くは『NARUTO -ナルト-』、最近では『僕のヒーローアカデミア』や『呪術廻戦』といった作品でも展開されている90年代後半以降のジャンプ漫画が得意とするストーリー展開だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる