『葬送のフリーレン』マンガ大賞受賞のポイントは? 勇者パーティーの”その後”の物語が心に刺さるワケ

『葬送のフリーレン』マンガ大賞受賞のポイントは? 勇者パーティーの”その後”の物語が心に刺さるワケ

 マンガが好きな人たちが集まって、2020年に刊行された漫画の中で、人に一番薦めたい作品を選んで投票するマンガ大賞2021が3月16日に決定。山田鐘人原作でアベツカサ作画の『葬送のフリーレン』(小学館)が大賞を受賞した。

山田鐘人、アベツカサ『葬送のフリーレン』(小学館)

 魔王を倒したパーティーにいた不老のエルフで魔法使いのフリーレンが、勇者や僧侶といったメンバーたちが世を去った後、僧侶や戦士の弟子たちと旅を始めるというストーリー。91ポイントを獲得し、2位の魚豊『チ。―地球の運動について―』に24ポイント差という圧倒的な支持を集め、大賞に輝いた。

マンガ大賞2021
『ブルーピリオド』作者の山口つばさ(右)からマンガ大賞の額を受け取る「週刊少年サンデー」編集者の小倉功雅氏

 授賞式には、作者たちの代理として『葬送のフリーレン』を連載している「週刊少年サンデー」編集者の小倉功雅氏が登壇。前回のマンガ大賞2020を『ブルーピリオド』で受賞した山口つばさから記念の額を受け取った。これまでの大賞はすべて1人の漫画家が描いたものだったが、今回は初めて原作と作画の2人が受賞となったため、額も山田鐘人、アベツカサの両人向けに用意された。

 額の贈呈後、小倉氏から『葬送のフリーレン』がどのようにして描かれているかが話された。同じ作品を手掛けていながら、山田鐘人とアベツカサはまだ対面したことがないとのこと。編集者が間に立って山田鐘人からネームを受け取り、それをアベツカサに渡している。ネームについては「18ページありますが、ほぼ直さないですね。シンプルなのに、よくこんなに上手く考えてネームに落とし込めるなと毎回驚きます」と小倉氏。そんなネームを元にアベツカサが、「丁寧な作業で原稿に描いていただいてます。表情を描くのがとても上手い方で、人間の喜怒哀楽だけでない複雑な感情を描いていて、すごいなあと笑ってしまます」。

 原作の山田鐘人は漫画家でもあって、『ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア』という連載作品が単行本化されている。「担当としては名作と思っていますが、これが売れませんでした」と小倉氏。「次をどういう形でやりましょうかと話している中で、作画の方を付けようというアイデアが山田先生からも私からも出ました」。

 アベツカサは、2018年に『MEET UP』という作品で第82回小学館新人コミック大賞の佳作を受賞した新鋭。2014年に小倉氏がネットで見かけて声をかけ、ずっと担当して来たという。「この組み合わせならどうだろうと思い、アベ先生に山田先生が描いたネームの1話目を渡してみたところ、フリーレンのバストアップを描いてくれました」。その絵が素晴らしく、「山田先生に自信をもって、この方(アベ先生)ではどうですかと相談しました」。結果、双方とも了解して合作がスタートした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「イベント」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる