『STRiKE!』編集長が語る、グラビア表現の最前線 「自己表現として取り組んでいる子が増えた」

『STRiKE!』編集長が語る、グラビア表現の最前線 「自己表現として取り組んでいる子が増えた」

 昨年誕生したオール水着グラビアマガジン『STRiKE!』。第1号は昨年10月に発売された後、即重版を記録。今年1月には第2号を発売し、4月22日は3号目が出るという新しい視点のグラビア誌だ。

 グラビア誌のイメージを覆す可愛らしいデザインのカバーが目を引く。クオリティの高い写真と女の子の魅力溢れるインタビューページのみのシンプルな構成で、既存のグラビア誌とはどこか違う明るいオーラに溢れている。タイトルは、野球好きの編集長と副編集長にちなんで「あなたのハートにストライク!」のコピーとともに付けられたというが、まさに女の子の明るい存在に胸を打たれ、元気をもらえる。平面に表されたものではあるけれど、立体感をもって、心で深く楽しめるグラビアが展開されている印象だ。

 グラビアの新しい価値を見出してくれそうなニューマガジン。コロナ禍で誕生した新しいグラビア誌は、なぜ生まれ、何を伝えようとしてくれているのだろうか。編集長の木村親八郎に『STRiKE!』やグラビアについてお話を伺うなかで、グラビアという表現について考えてみると、これからさらにグラビアの時代が始まっていくような予感がした。(とり)

『STRiKE』で表現したいグラビア

――まずは『STRiKE』創刊の経緯を教えてください。

木村親八郎(以下、木村):僕は現在、フリーで編集者、ライター、コンテンツプランナーをやっているのですが、もともとは東京ニュース通信社という出版社に在籍し、アイドルや女優を紹介する『B.L.T.』とカルチャー系の『TV Bros.』という二つのテレビ雑誌を担当していました。その当時から、写真表現としてグラビアが好きだったことが、グラビア誌創刊のきっかけです。グラビアは見るのも作るのも好きだったのですが、既存のグラビア誌では、ひとりの女の子につき多くても10ページ程度に収まるよう写真をセレクトしていると、もっと多くのページを割いて表現ができたらいいな、と思っていたんです。

   あと、最近グラビアで活躍している女の子たちを見ていると、主体性を持って、自己表現としてグラビアに取り組んでいる子が増えた実感がありました。なら、ひとりあたり20ページくらい使って、より写真表現を楽しめて女の子自身の魅力を伝えられる、水着グラビアに特化した雑誌があったらいいんじゃないかと思ったことが大きな理由です。

――第1号、第2号と読ませていただきましたが、シンプルな構成なので、グラビアに集中できる印象を受けました。写真には、どのようなこだわりがあるのでしょうか。

木村:写真表現に妥協しないことを心がけています。1980年代にあった『写楽』や『写真時代』という雑誌では、カメラマンの篠山紀信さんや荒木経惟さんらが、エロスを追求しつつも常に写真表現に挑戦されていました。しかし、いいものを作りたい気持ちがあっても、時間がないなかで撮影をして雑誌を編んでいると、多少の妥協が生まれることがあります。僕も長く編集者をやっていますが、いつしか写真表現にこだわる純粋さを忘れてしまっていた気がしたので、新しく作る雑誌では存分にこだわりたいと思いました。もちろん、エロスの追求もグラビアの大切な側面ですが、セクシー=いいグラビアかと言われれば、そうではありません。写る人の魅力が引き出された写真が好きだし、グラビアという表現に挑戦し続けたいので、セレクトも写真そのものの良さを意識しています。

『STRiKE! 2回表』

――どのグラビアにもストーリー性があって、女の子一人ひとりの個性がリアルに感じられる気がします。写真の並べ方や見せ方にも工夫はありますか?

木村:グラビアは、写真のその先が想像できるかが大事だと思っているので、統一感を持たせてストーリーを立てることも意識しています。明るい写真としっとりめの写真、いろんなパターンの写真を組み合わせたくなる気持ちもありますが、思いきって、どちらか一方に振り切ることもあります。写真の並べ方も、寄りの写真と引きの写真、ページを跨いだ横位置の写真を並べるといった定番のフォーマットを無視して、場合によっては引きの写真が5枚続いても構わないので、流れを壊さないようにしています。また、女の子の存在を身近に感じてもらうために、服を着た写真を必ず使うとも決めています。水着の写真だけの構成に比べて、すぐ隣にいそうなあの子が水着姿を見せてくれたという意味で、胸キュン度が変わってくると思うんです。それに、これから水着グラビアで頑張ろうとしている女の子の素に近い人となりを写してあげたい気持ちもあって、服の写真は必ず入れていますね。

――カバーやページのレイアウトが可愛いので、女の子主体に見えるのもいいですね。グラビアは「やらされ感」が見えることもありますが、それがないので安心して楽しめます。

木村:グラビアをポジティブに楽しく表現してくれる女の子が増えたからこそ、成立した雑誌かもしれません。もっと言えば、女の子がどんどん前に出て、制作側の存在を無くすことがベストですね。インタビューを一人語り形式で載せているのもそのためです。グラビアらしいポージングをリクエストすることもありますが、自然にポーズをとってもらうことで、カメラ視点を無くし、目の前に本当に女の子がいるんじゃないかと思えるくらい没頭できるグラビアを作りたいですね。女の子の存在をリアルに感じて、ファンになってもらえたら嬉しいです。

――写真表現を楽しんでもらうことと、出ている女の子を好きになってもらうことが大きな核となっているんですね。改めて、今までにないグラビア誌だと思いましたし、グラビア誌を手にとったことがない人でも読みやすそうです。

木村:グラビア誌に限らず、コアなファン以外でも読みやすい雑誌を作ることは、編集者として永遠のテーマです。なかには、グラビアは好きだけど週刊誌は手に取りづらいという人もいると思うので、堂々と手に取ってもらって、たくさんに人にグラビアの楽しさやグラビアで頑張る女の子の魅力を知ってもらいたい。昔ほど影響力はないにしても、雑誌から広がっていくことはありますし、グラビアのイメージだけで敬遠されたくなかったので、幅広い層の読者に読んでもらえるよう、見せ方やデザインはこだわりました。

――実際に反響はありましたか?

木村:予想以上でした。特に1号目はどれだけ売れるか読めませんでしたが、ありがたいことに増刷になりましたし、周りの編集者や芸能事務所さんからも連絡が来ました。1からメディアを作って、ここまで反響をいただいたのは本当にありがたかったですし、副編集長のおかげでもあります。

――それは、出てくれた女の子たちも嬉しいと思います!

木村:1号目は、表紙に沢口愛華さん、裏表紙に高崎かなみさん、中に十味さん、似鳥沙也加さん、古田愛理さん、華村あすかさんが出てくださったんですが、みんな単独で表紙を飾るほどネームバリューのある女の子たちなんです。まだ手探り状態だったにも関わらず、これだけ豪華なメンバーに出てもらえたことは非常にありがたかったです。もっと、出てくれた女の子たちに恩返しできるような雑誌になるよう、引き続き頑張ります!

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「名物編集者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる