『東京卍リベンジャーズ』SF × ヤンキーの化学反応 花垣武道が戦う理由とは?

『東京卍リベンジャーズ』SF × ヤンキーの化学反応 花垣武道が戦う理由とは?

 2017年より「週刊少年マガジン」にて連載を続けている『東京卍リベンジャーズ』(講談社)。本作は死んでしまった中学時代の彼女を助けるため、過去にタイムリープするフリーターの奮闘を描くSF漫画である。しかし、従来のSF漫画とは決定的に異なるポイントがある。それはSF漫画に不良漫画の要素を掛け合わせている点だ。21年4月・7月にはそれぞれアニメ化・実写映画化も決定している本作。本稿では『東京卍リベンジャーズ』の魅力を、「SF漫画」と「不良漫画」の2つの視点から考察していく。

 物語は17年7月4日から始まる。フリーターとして自堕落な生活を送っている花垣武道は、テレビのニュースで中学時代に付き合っていた橘日向とその弟が死んだことを知った。そんななかバイト帰り、駅のホーム上で何者かに押され、電車が間近に迫る線路に落ちる武道。人生を諦めかけたそのとき、武道は12年前の中学2年生の頃にタイムリープしてしまう。現実が受け止めきれないまま、過去の記憶通りにことは進む。そして武道は死んでしまった日向の存在を思い出し、過去の記憶を頼りに会いに行く。

 12年ぶりに日向との対面を果たした武道は、自分がどれだけ日向のことが好きだったかを一瞬で思い出した。日向が死んでしまったことを思い干渉に浸っていると、前に1人の少年が現れる。自身を橘直人と名乗るその少年は、日向の弟であった。武道は直人に自身が未来からきたこと、未来では日向と直人は死んでおり、姉を守って欲しいことを告げる。直人は驚きながらも「わかった」と返事をした。お互いの気持ちを確認し、ガッシリと握手を交わす武道と直人。その瞬間、武道は2017年7月4日の現代に戻ってきていた。

 何がなんだかわからない武道の前に、武道を電車から助けたという大人になった直人が現れる。直人は12年前の武道との約束を忘れておらず、姉と自分の命を守るため行動していたのだ。しかし直人は自分の未来こそ変えられたもの、どれだけ手を尽くしても日向の未来は変えられずにいた。そこで武道は直人から犯罪組織「東京卍會」が日向の死に深く関わっていることを聞く。そして直人はタイムリープが可能である武道に、元不良集団であった「東京卍會」の現ツートップ“佐野万次郎”と“稀咲鉄太”が出会うのを阻止すれば日向は助かると話した。こうして元々冴えないヤンキーであった武道は、12年前に遡り地元で名を馳せる暴走族「東京卍會」の頂点に迫ることを決意するのだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる