「やってみたい事がたくさんある」 『ハチミツとクローバー』はぐみ、クリエイターに刺さる言葉たち

「やってみたい事がたくさんある」 『ハチミツとクローバー』はぐみ、クリエイターに刺さる言葉たち

 羽海野チカ作『ハチミツとクローバー』。美術大学を舞台とした青春群像劇で、恋愛に悩んだり、才能や生き方に迷う大学生の姿をリアルに時に生々しく描いている。

 宝島社の『このマンガがすごい!』2006年版と2007年版においてオンナ編で2年連続の1位を獲得しており、アニメ化のほか、実写映画化、ドラマ化もされた。

 それぞれの片想いの行方も気になるが、物語の中心となるのは芸術的才能にあふれる花本はぐみの存在だ。その存在は、周りに刺激を与えるだけでなく、時に「自分には才能がない」と人に思わせることもある。真剣に芸術にぶつかり、悩み生きていく若者たちの姿は、クリエイターたちにも刺激を与える。

 今回はそんなはぐみの発言からクリエイターに刺さる名言を紹介する。

「やってみたい事がたくさんある」第9巻

やってみたいことがたくさんある。
創ってみたいものが果てしなく散らばっている。
新しい箱を開くたびにたくさんの「?」が飛び出してくる

 大学4年生となり、進路について考えるようになったはぐみ。田舎に戻って自分が食べていけるだけを自分の芸術品で稼いで生きていこう、と考えていた。

 しかし、はぐみは芸術に対しての欲求と探究心が強く、もっともっと新しいことに挑戦したい、新しいものに触れたい、知りたい、と思っていた。

 世界中にある箱を全て開けてみたい。でもそれには人ひとりの人生はあまりに短すぎる。

 どんなジャンルでも、「全てを知る」ことは難しい。例えば6畳の部屋にある箱を全て開け、中身を確認して、あるべきところに戻す。それだけでも、膨大な時間がかかることは想像に難くない。それが、芸術の域だとしたら――。

 はぐみの芸術家としての貪欲なまでの探究心がわかるだけでなく、自分の世界を広げるには“ひとりでは難しい”ということが分かるセリフだ。

「『あきらめる』ってどうやればいいんだろう」第2巻

「あきらめる」ってどうやればいいんだろう。
「あきらめる」って決めてその通りに行動するコトだろうか。
そのアトの選択を全て「だってあきらめたんだから」で自分の本当の心から逆へ逆へと行けばいいんだろうか

 これははぐみの友人である山田あゆみが片想いの相手・真山巧への想いを断ち切ろうと思い悩んでいるときのモノローグだ。

 恋愛面においてのセリフだが、時としてクリエイターも、その道を諦めたほうがいいんじゃないかと悩むときがあるのではないだろうか。自分では無理だ、成し遂げることができない。自分の夢を諦めるときは、恋を諦めるときに少し似ている。手が届かない、振り向いてくれない夢を追い続けるのは辛い。でも諦めるのもまた辛いのだ。

 自分の心が望む方向とは逆方向に進む。それはあまりにも悲しい。結局は自分の心のままに進むしかない。そんなことを教えてくれている気がする。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる