宮澤伊織「裏世界ピクニック」シリーズに騙されてはいけないーー“恐怖の果て”を描く百合小説の魅力

宮澤伊織「裏世界ピクニック」シリーズに騙されてはいけないーー“恐怖の果て”を描く百合小説の魅力

 「騙されるな!」と注意を喚起するべきか。それとも「ようこそ!」と接触を歓迎するべきか。

 宮澤伊織の「裏世界ピクニック」シリーズを紹介する時に、浮かぶのはそんな相反する気持ちだ。早川書房「SFマガジン」への短編掲載や電子書籍としての短編刊行、書き下ろしなどを経つつ、ハヤカワ文庫JAから刊行されている小説で、3月5日にテレビアニメ化されるという発表が行われた。

 監督は、高嶋ひろみによる百合マンガの金字塔、『あさがおと加瀬さん。』を手がけた佐藤卓哉で、女の子に向けた女の子による恋心を、キュンキュンとさせる雰囲気の中に描いて絶賛された。そんな佐藤監督が手がけるなら、どれだけ極上の百合描写が見られるのだろうかと、「裏世界ピクニック」アニメ化の発表にファンは沸き立った。

 そうなのだ。「裏世界ピクニック」は世間では百合小説だと受け止められている。なるほど、ピクニックというふわふわとした言葉がタイトルに使われ、金髪の美少女にメガネをかけたちょっぴり野暮ったい少女というキャラクターのビジュアルもあって、園芸部のどんくさい少女と陸上部エースの少女が恋情を育む『あさがおと加瀬さん。』のような、違いを乗り越え2人の少女が心身を重ね合う百合ストーリーだと思われても仕方がない。

 騙されてはいけない。「裏世界ピクニック」シリーズを読み始めれば、そこには濃い闇と底知れぬ沼が広がる恐怖の空間が広がっている。そして、ページを繰るごとに心の奥から震えが起こってじっとしていられなくなる。確実に。絶対に。

 物語では冒頭、草原でひとりの女子が草の下に溜まった水に仰向けになって浸かり、おぼれそうになっている。紙越空魚という名の女子大生で、ネットロアと呼ばれるネット上で流布される奇妙な話や、体験談として伝えられる実話怪談が大好き。ある日、現実とは違う裏側の世界を偶然に見つけ、足を踏み入れるようになった。

 3度目の訪問時、白くてくねくねとした奇妙な存在を見るうちに、体を動かせなくなって水にはまり、死にそう担っていた時。「そこに誰かいる?」という声とともに、空魚はひとりの女子をそこに見た。ウェーブのかかった金髪で、きらきらとした藍色の目を持った美人は仁科鳥子という名で、空魚を助け岩塩を投げつけて「くねくね」を退け、いっしょに現実世界へと戻る。

 ガール・ミーツ・ガール。すなわち百合の始まりを予感させる物語がそこから向かうのは、恐怖におびえ肩寄せ合いながら<裏世界>を旅する美少女たちのストーリーなどではない。

 大学にいた空魚を訪ねてきた鳥子は、美人に似合わない「いい金になるよ、ダンナ」という殺し文句で、<裏世界>へいっしょに行こうと空魚を誘って来た。鳥子によれば、<裏世界>で採集できるアーティファクトは、結構な金額でDS研究奨励会なる組織に引き取ってもらえるとか。だったら行くしかないと始まった、鳥子との<裏世界>ピクニックだが、それはピクニックというような壮絶なサバイバルだった。

 くねくねとした姿を見続けると発狂するらしい「くねくね」を拳銃のマカロフで撃ち、そこかしこに仕掛けられた罠をくぐり抜け、高さが八尺(2メートル40センチ)はある女性の姿をし、人間を魅了する「八尺様」を自動小銃のAK-47で蜂の巣にする。

 何度目かの訪問では、沖縄に駐留していたはずが、訓練中に<裏世界>に迷い込んでしまった米軍の海兵隊と「きさらぎ駅」という場所で出会い、いったんは<裏世界>に置き去りにする形になったものの、戻って海兵隊の脱出を手助けする。そこでは、拳銃に小銃にロケットランチャーから果ては装甲車のようなものまで持ち出して、迫る怪異を相手に撃ちまくり、倒しまくる。もはやピクニックというより凄絶なミリタリーだ。

 精鋭揃いの海兵隊でもてこずり、隊員を何十人も殺害されている怪異を相手にした戦いは、空魚の目と鳥子の手に宿った特別な力がって初めて相手に銃弾を届かせられる。それでも絶対ではなく、敵が放ってくる恐怖の波動のようなものに侵され、狂いそうになる心を必死で抑えて戦い抜く。

 お札やお経や聖水や十字架といった退魔物によくある撃退法は出てこない。それというのも、「裏世界ピクニック」に描かれる奇妙な現象は、どれも空魚が興味を持って調べている、ネットロアなり実話怪談といった現代ならではの恐いストーリーがもとになっているからだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「小説」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる