>  >  > ロックにおける4つ打ちの原点を考える

「リズムから考えるJ-POP史」連載第6回

リズムから考えるJ-POP史 第6回:Base Ball Bearから検証する、ロックにおける4つ打ちの原点

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2000年代以降、日本国内のロックで定番となったリズムがある。4つ打ちだ。四分音符を刻むキックドラムと、偶数拍で鳴らされるスネアドラム、そしてキックドラムの拍裏を埋めるハイハットがその特徴。「ドッチードッチー」という具合に、力強さとスピード感をあわせもったサウンドになる。4つ打ちとは言うものの、基本的には16分音符を最小単位とする16ビートに属する。注意したいのは、ハウスやテクノなどダンスミュージックにおける4つ打ちとロックにおける4つ打ちは違うということだ。ダンスミュージックにおける4つ打ちはジャンルを問わず共有されるリズムのパターンに過ぎないが、日本のロックでは高速なBPMとキャッチーなリフを主体とした1つのジャンルを形作っている。

 2010年代のヒット曲にはこの4つ打ちを踏襲したものがしばしば見られる。たとえばゲスの極み乙女。の「私以外私じゃないの」(2015年)ではシンコペーションを含むファンキーなビートを刻む平歌を経て、サビで高揚感を煽るように4つ打ちが用いられている。ほか、4つ打ちの代表的な楽曲としてはKANA-BOON「ないものねだり」(2013年)やフレデリック「オドループ」(2014年)がある。BPMを確認しておくと、前者のKANA-BOONの楽曲はおよそ175、フレデリックの楽曲はおよそ172。極めてハイスピードだ。

 2010年代初頭、この4つ打ちは良かれ悪しかれホットなトピックだった。というのも、この流行によってロックバンドのリズムが単調になった、という見方が増えてきたからだ。しかし、未だにこのサウンドは鳴り続け、人々を惹きつけている。本稿では、日本の特定のバンドたちに根付いたこのジャンルについて検討してみたい。

2000年代のロックと4つ打ち

Base Ball Bear『ELECTRIC SUMMER』

 独自に進化し、定型化した4つ打ちの起源を辿ることは難しい。あえてその系譜にひとつの点をおくとしたら、Base Ball Bear(以下、BBB)をはじめとした2000年代半ばにデビューした世代のロックバンドの一群が挙げられるだろう。実際、BBBのギターボーカルである小出祐介は、2014年のインタビューで次のように語っている。

 今のギター・ロックの主流になってる、テンポが速くて4つ打ちって、あれ最初にやり始めたのは俺たちじゃね? ってちょっと思ったんですよ。もちろん、ほかにも何組かいると思うけど、間違いなくああいうアプローチをひとつの方法論としてバンドの売りにしたのは僕らだし。「ELECTRIC SUMMER」を出したときにああいう曲ってなかったから。
「M-ON!MUSIC」

 しかし、こうした認識はどの程度妥当なのか。2000年代の状況を振り返りつつ検証してみよう。

 まず、2000年代に入ると、くるりやSUPERCARなど90年代末にデビューしたロックバンドが相次いでダンスミュージックへ接近した。くるり『TEAM ROCK』(2001年)やSUPERCAR『Futurama』(2000年)を皮切りに、ロックバンドとダンスミュージックが融合する機運が生まれていたのだ。

 続いてASIAN KUNG-FU GENERATION(以降、AKG)による2003年のシングル「君という花」は、BPMこそ133とそこまで速くないものの、ロックバンドが打ち込みではなく生演奏で4つ打ちに挑戦する新しい流れを切り拓いた。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』

 バンドにとってもこの曲の存在は大きかった。AKGのドラマー、伊地知潔は2013年のデビュー10周年記念ムックで、「君という花」を思い入れのある楽曲ベスト3に選出。「4つ打ちのダンスビートを最初に取り入れた曲。当時は発明だと思ってました。」というコメントを寄せている(『ASIAN KUNG-FU GENERATION THE MEMORIES 2003-2013』ぴあ株式会社、2013年、p.110)。また、2012年のインタビューで、ギターボーカルの後藤正文は「君という花」と「ループ&ループ」の2つを指して、「ああいう和のような、アジアっぽいメロディに4つのキックが乗ってくると、日本人のいろんなとこのツボを押す曲だなと思うけどね、今から思うとね。絶対にフェスとかでやって盛り上がんない訳ない要素しかない!」と述懐している(『ROCKIN’ON JAPAN』2012年2月号、p.38)。

Base Ball Bearが作った4つ打ちの定型

 奇しくも2003年は、BBBがインディーズデビューを果たした年。BBBはミニアルバム『夕方ジェネレーション』(2003年)に収録されている「SAYONARA-NOSTALGIA」ですでに4つ打ちを取り入れている。今から振り返ると、「君という花」と共に、時代と共振しながら後の4つ打ちの流行への布石を打っているかのようだ。

SAYONARA-NOSTALGIA from”LIVE BY THE C”@SHIBUYA-AX 20070511

 BBBの4つ打ちに対する功績のひとつはBPMの高速化だ。1stシングル「ELECTRIC SUMMER」(2006年)ではBPMはおよそ146。また、『バンドBについて』(2006年)収録の人気曲「CRAZY FOR YOUの季節」はBPMが162と、2010年代の4つ打ちにかなり近づいている。その後も4つ打ちはいわば彼らのトレードマークのように繰り返し用いられ、「最初にやり始めたのは俺たちじゃね?」というのもなかなか妥当であるように思える。

Base Ball Bear – ELECTRIC SUMMER
Base Ball Bear – CRAZY FOR YOUの季節

 ただし、「BPMの速い4つ打ちのビート」というのであれば、同世代ではフジファブリック、少し先行してSPARTA LOCALSなどがいたことも忘れてはいけない。フジファブリックの2005年のシングル「銀河」はBPMがおよそ147で、「ELECTRIC SUMMER」と遜色ない。SPARTA LOCALSは2ndアルバム『セコンドファンファーレ』(2003年)に収録の「黄金WAVE」が躍動感あふれる4つ打ちを展開しているし、続く2003年のシングル曲「ピース」(2004年の3rdアルバム『SUN SUN SUN』にリミックスが収録)はBPMが160を越えるダンサブルな4つ打ちロックだ。

フジファブリック (Fujifabric) – 銀河(Ginga)
SPARTA LOCALS – 『黄金WAVE』
SPARTA LOCALS – 『ピース』

 これら2バンドはレパートリー全体に占める割合ではBase Ball Bearほどとは言えないかもしれないが、十分に4つ打ちの元祖として位置づける資格はある。しかし、フジファブリックは2009年に主なソングライターでフロントマンであった志村正彦の急逝を経てバンドの体制を変えることになり、またSPARTA LOCALSも2009年に解散(2016年に再結成)してしまったために、2010年代の4つ打ちの隆盛とは切り離されているのかもしれない。

      

「リズムから考えるJ-POP史 第6回:Base Ball Bearから検証する、ロックにおける4つ打ちの原点」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版