及川光博の記事一覧

(131件)

見目麗しい容貌と育ちのいい物腰で、歌と踊りを巧みにこなし、時には意表を突くジョークを連発して婦女子の羨望をひとりじめする——。うーん、まさにかつての少女マンガの中でしか出会えなかったような男性像。レイト90'sに、「職業=王子様(←しかし98年にさらりと"王子廃業宣言"をしている)」として突如現れた及川光博(愛称ミッチー)は、まさしくそういう青年なのである。
96年にシングル「モラリティー」でデビュー。以降、"東京ファンク"なるテーマを掲げて、アルバム『理想論』(96年)、『嘘とロマン』(98年)、『欲望図鑑』(99年)の3部作を完成させる。ソウル/ファンク(オマー・ハキム、ウィル・リーといった名うてのプレイヤーとも共演経験あり)に接近しつつも、歌メロは一貫して黄金期歌謡曲のテイストを誇示し、<マニアックとキャッチー>の狭間を行き来するような世界観を築いた。
また、"ノン・カテゴライズ"というポリシーのもと、音楽活動以外に声優/役者(舞台・ドラマ・映画)にも進出し、テレビドラマ『白い巨塔』『ミステリー民俗学者 八雲樹』のほか、映画『春の雪』『キューティーハニー』など代表作多数。果ては『続・欲望図鑑』なる写真詩集でオール・ヌードまで披露。——世間の度肝を抜いた。
広範囲で活躍するアーティストだが、彼はあまたの付け焼き刃的マルチ・タレントとは一線を画す。なぜなら「自分」という素材が他人より恵まれていることを熟知しながら、さらにひとつの素材として冷静に自己プロデュースできるからだ。ステージ上での演出やブラウン管での一挙手一投足、及び発言に隙がないことからも、それは十分に窺い知れるだろう。ミッチーのあまりある自己愛は、そんじょそこらのナルシストとは偏差値の高さが俄然異なるのだ。06年のデビュー10周年に向けて、アルバム『夜想曲−ノクターン−』のリリース、全国ツアー、テレビ、映画と精力的に活動している。

『ドラゴン桜』“見事”の一言に尽きる結末に 新垣結衣、山下智久らオールスターが集結

『ドラゴン桜』“見事”の一言に尽きる結末に 新垣結衣、山下智久らオールスターが集結

見事だった。その一言に尽きる。ありとあらゆる期待と逆風を背負いながら、令和の『ドラゴン桜』(TBS系)は下馬評を覆して日曜劇場に…

『ドラゴン桜』志田彩良の繊細な佇まいが光る 安田顕ら日曜劇場常連俳優も続々登場

『ドラゴン桜』志田彩良の繊細な佇まいが光る 安田顕ら日曜劇場常連俳優も続々登場

読解力とは相手の言いたいことを理解すること。たいていの場合、作者の言いたいことは一つで、それを言い換えや比較、因果関係を駆使して…

『ドラゴン桜』“秘密兵器”細田佳央太の能力が開花 受験ドラマに登場する天才キャラの意味

『ドラゴン桜』“秘密兵器”細田佳央太の能力が開花 受験ドラマに登場する天才キャラの意味

『ドラゴン桜』(TBS系)第5話。桜木(阿部寛)が指導する東大専科で、目下の課題は生徒の確保だ。5人の東大合格者を目標に掲げる専…

『ドラゴン桜』は日曜劇場“黒幕ルール”を継承? 生徒を取り巻く大人たちの思惑が鍵に

『ドラゴン桜』は日曜劇場“黒幕ルール”を継承? 生徒を取り巻く大人たちの思惑が鍵に

2005年に放送され、大ヒットした学園ドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)が16年ぶりに帰ってきた。  阿部寛演じる元暴走族の弁護…

林遣都や紗栄子のサプライズ登場も! 令和の『ドラゴン桜』は下克上がテーマ

林遣都や紗栄子のサプライズ登場も! 令和の『ドラゴン桜』は下克上がテーマ

一瞬、チャンネルを間違えたかと思った。画面から伝わる圧に訳もなく圧倒される。ダークな色調に目が慣れてくると、そこはどうやら会議室…

『ドラゴン桜』高橋海人、平手友梨奈らのシーン写真公開 細田佳央太は坊主頭に

『ドラゴン桜』高橋海人、平手友梨奈らのシーン写真公開 細田佳央太は坊主頭に

4月25日放送スタートのTBS日曜劇場『ドラゴン桜』のシーン写真が公開された。  本作は、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送…

『ドラゴン桜』新シリーズ、初回放送は4月25日に オークラと李正美が脚本を担当

『ドラゴン桜』新シリーズ、初回放送は4月25日に オークラと李正美が脚本を担当

TBS日曜劇場『ドラゴン桜』の新シリーズの初回放送が4月25日に決定した。  本作は、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送され…

『#リモラブ』が考察するそれぞれの“ディスタンス” 顔の見えないやりとりの先に何がある?

『#リモラブ』が考察するそれぞれの“ディスタンス” 顔の見えないやりとりの先に何がある?

人間関係の失敗はたいてい「距離感の失敗」で生まれると言ってもいい。『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系)を観ていると…