内田有紀の記事一覧

(55件)

とてつもなく衝撃的なドラマ・デビューだった。92年、フジテレビ『ボクたちのドラマシリーズ』の1作『その時、ハートは盗まれた』。主演の一色紗英の唇を奪う奔放な少女役がハマりにハマり、事実上の主役として一躍注目の的に。似合い過ぎるショート・カットといい、スレンダーなスタイルといい、圧倒的な存在感は超新星出現!を思わせた。
もともとはユニチカの水着キャンペーン・ガール。高校時代はフェンシングで東京都大会3位に入るほどの運動神経で、ドラマでは制服のまま跳び箱でバク転を決めたりも。その後も着々と出演歴を重ね、『ボクたち〜』第2期の『時をかける少女』や、人気コミックが原作の映画『花より男子』では主演も。
94年には「TENCAを取ろう!〜内田の野望〜」でCDデビューを果たし、"アイドル冬の時代"と言われてた中、異例の新人女性アイドルによるオリコン1位という快挙を達成。トリッキーなタイトルの曲だが、彼女らしいはつらつさがよく出ていた。「Only You」「BABY'S GROWING UP」は小室哲哉がプロデュースを手掛けるなど、当分は内田有紀時代か?と思われたが、意外とかげりも早く来た。
『キャンパスノート』『翼をください!』などのドラマに主演、CDリリースも続けるも、デビュー当時ほどの勢いがない。久々の逸材ゆえに急激にメディア露出が増え、新鮮味が薄れてしまったのだろうか。ただ、アルバム『愛のバカ』は、Chara、LA-PPISCH、大沢誉志幸、CHARらを作家陣に迎えての実験的な試みが高く評価された。
しばらく仕事をセーブ後、98年に久々のシングル「ハートブレイク・スナイパー」をリリース。連ドラにも再び顔を出すようになり、01年の『ビッグウイング』では5年ぶりに主演。一方、つかこうへい劇団で演技修業を積んで『新・飛龍伝』の舞台にも主役として立つ。ポテンシャルは絶大だけに、本格派女優としては今後の期待が大きい。(斉藤貴志)

向井理の一言に話題騒然 『わたし、定時で帰ります。』は“当たり前”を再認識させるドラマに

向井理の一言に話題騒然 『わたし、定時で帰ります。』は“当たり前”を再認識させるドラマに

「あなたは何のために働いていますか?」  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)が、ついに最終回を迎えた。主人公・…

吉高由里子の笑顔をもう一度 『わたし、定時で帰ります。』最終回目前に直面した“最大の問題”とは

吉高由里子の笑顔をもう一度 『わたし、定時で帰ります。』最終回目前に直面した“最大の問題”とは

ドラマ『わたし、定時に帰ります。』(TBS系)は、新しい働き方を勝ち取るための「戦う」ドラマだ。吉高由里子演じる時代のニューヒロ…

向井理の働き方は変わるのか 『わたし、定時で帰ります。』弟・桜田通との仲違いの真相が明らかに

向井理の働き方は変わるのか 『わたし、定時で帰ります。』弟・桜田通との仲違いの真相が明らかに

「死ぬのはやめて、少し休もうって」  ワーカーホリックな種田晃太郎(向井理)の弟・柊(桜田通)が、ハードワークに倒れた新人の来…

内田有紀が選び取った人生のバランス 『わたし、定時で帰ります。』はいよいよクライマックスへ

内田有紀が選び取った人生のバランス 『わたし、定時で帰ります。』はいよいよクライマックスへ

「休んでも居場所はなくならない」  働かなければ生活はできない。でも、生活がなければ働く意味がない。いつだって物事は表裏一体で…

中丸雄一と向井理の異なる仕事観 『わたし、定時で帰ります。』は変わり続ける時代の美徳を描く

中丸雄一と向井理の異なる仕事観 『わたし、定時で帰ります。』は変わり続ける時代の美徳を描く

「俺が働いてたころとは、時代が違うんだな」  連日の残業、休日返上の接待ゴルフ、家族よりも仕事優先の日々に、文句一つ言わずジッ…

向井理が秘めた気持ちをついに吐露 『わたし、定時で帰ります。』互いに補い合うことで“チーム”へ

向井理が秘めた気持ちをついに吐露 『わたし、定時で帰ります。』互いに補い合うことで“チーム”へ

「私たちは敵じゃない。チームなんだよ」  『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)で描かれるのは、違いを知る対比であって、違い…

『わたし、定時で帰ります。』から学ぶ“逃げるが勝ち”というライフハック 大切なのは対話の積み重ね

『わたし、定時で帰ります。』から学ぶ“逃げるが勝ち”というライフハック 大切なのは対話の積み重ね

「桜宮さん、腕あるよ。だから、自分を大切に、仕事しよ」  良かれと思って取り組んで来たはずなのに、気づいたら、苦しい、…

『わた定』は多様化する幸せの形を探る “ハッピーエンド”とは異なる方法で描く、人々の変化

『わた定』は多様化する幸せの形を探る “ハッピーエンド”とは異なる方法で描く、人々の変化

「家に帰ったってやることないし。アパートで1人でいるよりはマシってだけ。そのほうが気が紛れる。なんにもない人生のこと考えると滅入…

『わたし、定時で帰ります。』“新人時代”だからこそできることがある 双方向的に学びを得る姿勢

『わたし、定時で帰ります。』“新人時代”だからこそできることがある 双方向的に学びを得る姿勢

「新人類とかモンスターとか、そういうレッテルを貼らないで、その人自身を見ていくことじゃないかな」  現代の“働き方“と真正面か…

働き方にグラデーションを 『わたし、定時で帰ります。』が描く、子育てと仕事を両立させる難しさ

働き方にグラデーションを 『わたし、定時で帰ります。』が描く、子育てと仕事を両立させる難しさ

「先輩は、何と戦ってるんですか?」  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の第2話で描かれたのは、子育てと仕事を…

『わたし、定時で帰ります。』“働く意識”の違いをどう受け入れる? 吉高由里子らの姿から学ぶこと

『わたし、定時で帰ります。』“働く意識”の違いをどう受け入れる? 吉高由里子らの姿から学ぶこと

「わたしは、これ以上頑張りません。定時で帰ります」。  一緒に働く人が、こう言ったらあなたはどう思うだろうか。  「なぜ頑張…

中丸雄一「比較的、定時で帰りそうな顔だと言われます」 『わたし、定時で帰ります。』現場でもイジられ役?

中丸雄一「比較的、定時で帰りそうな顔だと言われます」 『わたし、定時で帰ります。』現場でもイジられ役?

4月8日、東京・丸ビルホールにて火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)のプレミアム試写会&舞台挨拶が行われ、…

『わたし、定時で帰ります。』原作者・朱野帰子、撮影現場で吉高由里子を絶賛 「夢が一つ叶った」

『わたし、定時で帰ります。』原作者・朱野帰子、撮影現場で吉高由里子を絶賛 「夢が一つ叶った」

4月16日よりTBS系にて放送がスタートする吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の撮影現場を、原作者の朱…

『まんぷく』内田有紀が“みんなの親”に 物語を支え続けた包容力

『まんぷく』内田有紀が“みんなの親”に 物語を支え続けた包容力

夢枕に立つ咲(内田有紀)は、これまでの『まんぷく』(NHK総合)で何度も福子(安藤サクラ)や鈴(松坂慶子)のそばで寄り添ってきた…

中丸雄一、『わたし、定時で帰ります。』で吉高由里子の恋人役に 江口のりこ、桜田通らも出演

中丸雄一、『わたし、定時で帰ります。』で吉高由里子の恋人役に 江口のりこ、桜田通らも出演

KAT-TUNの中丸雄一が、4月期のTBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』に出演することが発表された。  本…

吉高由里子、ワーキングガール役でTBSドラマ初主演 共演に向井理、内田有紀ら

吉高由里子、ワーキングガール役でTBSドラマ初主演 共演に向井理、内田有紀ら

吉高由里子が、2019年4月期火曜ドラマ枠『わたし、定時で帰ります。』にて、TBSドラマ初主演を務めることが決定した。 …

大谷亮平、死にゆく妻を看取る名演技 『まんぷく』小野塚真一役から滲む誠実さ

大谷亮平、死にゆく妻を看取る名演技 『まんぷく』小野塚真一役から滲む誠実さ

10月1日よりスタートした『まんぷく』(NHK総合)は、第2週「…会いません、今は」から大きな山場が訪れた。ヒロイン・今井福子(…

『まんぷく』内田有紀の「ありがとう」に込められたもの 朝ドラヒロインは“別れ”からどう立ち直る?

『まんぷく』内田有紀の「ありがとう」に込められたもの 朝ドラヒロインは“別れ”からどう立ち直る?

福子(安藤サクラ)が萬平(長谷川博己)に頼んだ幻灯機の演出もあり、咲(内田有紀)の結婚式は実に華々しかった。自分のことのように結…

『まんぷく』第12話では、福子(安藤サクラ)が萬平(長谷川博己)と久々の再会を果たすが……

『まんぷく』第12話では、福子(安藤サクラ)が萬平(長谷川博己)と久々の再会を果たすが……

毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。10月13日放送の第12話では、福子(安藤サクラ)は萬…

『まんぷく』第11話では、福子(安藤サクラ)らが咲(内田有紀)の余命を聞いて悲しみに打ちひしがれる

『まんぷく』第11話では、福子(安藤サクラ)らが咲(内田有紀)の余命を聞いて悲しみに打ちひしがれる

毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。10月12日放送の第11話では、福子(安藤サクラ)らが…

『まんぷく』第9話では、鈴(松坂慶子)が福子(安藤サクラ)に関わるなと萬平(長谷川博己)に告げる

『まんぷく』第9話では、鈴(松坂慶子)が福子(安藤サクラ)に関わるなと萬平(長谷川博己)に告げる

毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。10月10日放送の第9話では、鈴(松坂慶子)が福子(安…

『まんぷく』第8話では、福子(安藤サクラ)が交際に大反対される中、咲(内田有紀)が倒れる

『まんぷく』第8話では、福子(安藤サクラ)が交際に大反対される中、咲(内田有紀)が倒れる

毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。10月9日放送の第8話では、福子(安藤サクラ)が交際に…

『まんぷく』は元気がもらえる“笑顔”の朝ドラに 安藤サクラ×長谷川博己の出会いが描かれた第1週

『まんぷく』は元気がもらえる“笑顔”の朝ドラに 安藤サクラ×長谷川博己の出会いが描かれた第1週

「アメリカと戦争が始まってしまいましたね」と言う萬平(長谷川博己)。一体、何の話をするのかと思いきや、続けて彼から飛び出た台詞は…

『まんぷく』第7話では、告白された福子(安藤サクラ)に鈴(松坂慶子)がお見合い話を勧めてくる

『まんぷく』第7話では、告白された福子(安藤サクラ)に鈴(松坂慶子)がお見合い話を勧めてくる

毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。10月8日放送の第7話では、告白された福子(安藤サクラ…