とんねるずの記事一覧

(8件)

ここまで何でもこなされちゃうと、他の芸人のみなさんはまいっちゃうんじゃなかろうか。——石橋貴明と木梨憲武のふたりは82年あたりからテレビやラジオでその頭角を現しはじめ、歌手としても84年に「一気!」で正式デビュー。その後も、「雨の西麻布」「嵐のマッチョマン」「炎のエスカルゴ」「情けねぇ」など演歌風バラードからラテン歌謡曲まで数々のヒットを世に送り出し、『夕焼けにゃんにゃん』や『ねるとん紅鯨団』といった人気番組で活躍する。また、98年には『みなさんのおかげでした』(フジテレビ系)から飛び出した番組スタッフとの混合ユニット「野猿」での活動を開始、ヒップ・ホップやR&Bといった時代が求めるサウンドに手を伸ばし、これまた好セールスをたたき出した。コメディアンとしてだけでなく俳優や歌手も含めたマルチな人気は、石橋の何でもやりたがる攻撃的なまでの雑食性と、木梨の飄々とした脱力っぷりの絶妙なバランスによるものだろう。

石橋貴明、YouTubeで伝説の“買うシリーズ”を始動 テレビの名物企画が動画で続々リバイバル?

石橋貴明、YouTubeで伝説の“買うシリーズ”を始動 テレビの名物企画が動画で続々リバイバル?

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が7月16日、自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」で公開した動画にて、バラエティ番…