『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』失敗作ではない? その賛否両論を考える

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』失敗作ではない? その賛否両論を考える

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』に次ぐ作品であり、この3部作の最終作ですが、同時に『スター・ウォーズ』の「ある意味」最終作です。「ある意味」と書いたのは、『スター・ウォーズ』には様々なスピンオフが存在しますが、基本はルーク・スカイウォーカーとその父アナキン・スカイウォーカーを中心としたスカイウォーカー家の物語であり、『スター・ウォーズ』から42年かけて始まったスカイウォーカー家の物語は2019年の『スカイウォーカーの夜明け』で完結するからです。

 なお『スター・ウォーズ』は『スター・ウォーズ エピソード4(後に「新たなる希望」と副題がつく)』『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(公開当時は「ジェダイの復讐」)を旧3部作、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を新3部作、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を続3部作(ないしディズニー3部作)とくくることがあります。

 基本は旧3部作から始まったのですが、ここで描かれた物語の“前日譚”として“新たに”作られたのが新3部作です。なので物語的には旧3部作より前の時代の話となり、劇場公開1作目の『スター・ウォーズ』はエピソード4と位置付けられるのですが、映画的には旧3部作より新しく作られたので新3部作とややこしく言われています(笑)。続3部作は文字通り旧3部作の“続き”を描いています。またここからディズニー傘下で『スター・ウォーズ』が作られるようになったのでディズニー3部作という人もいるのです。

 というわけで『スカイウォーカーの夜明け』は過去9作の締めなので、今までの作品を観ていた方ほど楽しめるのですが、正直本作だけでも十分なエンターテインメントになっています。基本は宇宙を舞台にした冒険スペクタクルなので、多少登場人物の関係がわからなくても、様々な星人やロボット(『スター・ウォーズ』の世界ではドロイドと言います)が入り乱れる世界観にワクワクし、派手なアクションのオンパレードです。

 とはいえ初鑑賞の人のために知っておいた方がいい事前知識を500字でまとめました。

・ある銀河で悪の帝国とそれに立ち向かう反乱軍(レジスタンス)が戦っている。
・帝国側は一度敗退するが、ファースト・オーダーという組織を立ち上げ活動を再開。
・フォースと呼ばれる万物と時空をつなぐ不思議な力が存在し、それを秩序のために使うジェダイと悪用するシスという二派がある。帝国/ファースト・オーダーの背後にはシス、ジェダイの流れをくむものはレジスタンス側にいる。
・ジェダイもシスもフォースを魔法のように操り、ライトセーバー(光線剣)という武器を使う。また死んだ後も幽体となって現れる。
・続3部作の主人公の一人カイロ・レンは旧3部作の主人公で伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの甥。しかしシス側に闇落ちし銀河征服を狙う。
・偶然にもこの戦いに巻き込まれたレイは強いフォースの持ち主でルークとその双子の妹でレジスタンスのリーダー、レイア(カイロ・レンの母)の元で修行。レイの出生にはなにか秘密がある。
・カイロ・レンとレイはともにフォースの使い手であることからなにか絆を感じている。
・本シリーズの最大のヴィランは帝国皇帝にしてシスの首領であるパルパティーン。パルパティーンは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(復讐)』で死んでいる。が……。

 これだけ頭にいれておけば良いかと思います(笑)。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる