シークエル3部作はベン・ソロの物語に 『スカイウォーカーの夜明け』はファンサービス満載な作品

シークエル3部作はベン・ソロの物語に 『スカイウォーカーの夜明け』はファンサービス満載な作品

 いまから遡ること42年前、監督ジョージ・ルーカスは、『スター・ウォーズ』を生み出した。砂漠の惑星で暮らす青年ルークは、2体のドロイドに邂逅したことで、物語の歯車を急加速させる。父の旧友だというベン・ケノービに師事し、己に宿るジェダイの資質を見出したのだ。『スター・ウォーズ』は、田舎で暮らす“何者でもなかった青年”が、運命に翻弄されながらも、ジェダイとしての勇敢さを身に着け、成長していく物語だった。

 『新たなる希望』(1977年)『帝国の逆襲』(1980年)『ジェダイの帰還』(1983年)のオリジナル3部作が終了し、長い期間が経過した。そしてルーカスは、映像のデジタル技術向上を契機に、さらなる3部作を始動させる。プリクエルと呼ばれる新3部作は、青年ルークの父親であるアナキン・スカイウォーカーの過去をあぶり出した。そして、この新3部作の主人公であるアナキンもまた、砂漠の惑星で奴隷として暮らす、“何者でもない少年”だったのだ。

 『ファントム・メナス』(1999年)『クローンの攻撃』(2002年)『シスの復讐』(2005年)のプリクエル3部作は、ジェダイの黎明期を背景に、アナキンがいかにしてダース・ベイダーになったのかを描き出した。そして、再び長い期間が経過した。もはや『スター・ウォーズ』は全人類が共有する文化遺産となったころ、『スター・ウォーズ』の新たな3部作が始動した。ディズニーがルーカス・フィルムを買収し、永い眠りの中にあった『スター・ウォーズ』シリーズを、たたき起こすというのだ。大きすぎる期待と、少しの不安に、胸が張り裂けそうになった。

 結論からいうと、こうして誕生したシークエル3部作は、わたしの予想を良い意味でも悪い意味でも、大きく裏切ってくれた。シークエルの最初の作品となった『フォースの覚醒』(2015年)は、今思えば『新たなる希望』の焼き直しにすぎないだろう。しかし、わたしたちが観たかった『スター・ウォーズ』がそこにはあった。新たな主人公レイを配置し、オリジナル3部作の英雄たちを再集結させ、もう観られないだろうと思われていた、彼らの“その後”を映し出した。最後にはルーク・スカイウォーカーも登場し、物語はピークのまま、次にバトンを渡したのだ。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(c)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

 そして、賛否両論の議論を呼んだ『最後のジェダイ』は、『フォースの覚醒』からのバトンを、まったく違う解釈で受け継いだのだ。『最後のジェダイ』は、ファンが望んだあらゆる可能性を排斥し、一番残酷な物語を用意した。悪役スノークはあっけなく退場し、レイアはフォースの力で宇宙空間を文字通り飛んだ。随処のユーモアもセンスに欠けるばかりでなく、いよいよ本格的な登場を果たしたマスター・ルーク・スカイウォーカーは、ライトセーバーを投げ捨て、隠居している始末だ。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(c)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 筆者は『最後のジェダイ』否定派であるが、唯一、評価できる部分がある。レイの出自に関してだ。最も謎とされてきたレイの両親は、“何者でもない、ただの飲んだくれ”であると語られるのだ。公開当時、レイの出自に関しては、さまざまな声が上がった。スカイウォーカーの血を継ぐものなのか、あるいは、別の誰かか。しかし、ファンの大概の予想は大きく裏切られ、レイ自身も“何者でもない”と定義された。しかし、この“何者でもない”というバックグラウンドは、ルーカスが創造した『スター・ウォーズ』の原点だったはずだ。そう、かつて青年ルークが、そして彼の父親アナキンもそうだったように、ジェダイになるチャンスは誰にだって、等しく訪れるのだと。どこに生まれようと、どんな家柄だろうと、関係ない。それがわたしたちファンに希望を与えていたのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「作品評」の最新記事

もっとみる