>  >  > 『なつぞら』が描くアニメーションの“リアル”

『なつぞら』中川大志が問いかけたアニメーションのリアリティ 次週は山田裕貴に波乱の予感

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『なつぞら』(NHK総合)第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」は、なつ(広瀬すず)がこれでもかというほどの悩みに振り回される週だ。

 12年前に別れた妹・千遥を訪ねたなつと咲太郎(岡田将生)だったが、そこにはすでに妹はおらず、いじめに苦しみ、作り笑いをしながら生きた末、家出をしていた。第66回で信哉(工藤阿須加)が口にする「つらいことばっかりじゃなかったはず」という望みも虚しく、「奇跡なんてないんだわ」と自暴自棄になるなつ。しかし、そんななつを咲太郎は「漫画映画は子供の夢」「千遥に見てほしいものを作れ」と励まし、なつは再びアニメーションへと向かっていく。

 東洋動画では長編漫画映画第2弾『わんぱく牛若丸』のキャラクター検討会がスタート。常盤御前の母性を前面に出したなつの絵と、したたかで強い麻子(貫地谷しほり)の絵とで意見がぶつかることにより、なつはアニメーターとして仕事で責任を取り、認め合うしかないことを知る。下山(川島明)をリーダーとした“下山班”で作画作業がスタートしたある日、なつが運命的な出会いをするのが“カチンコ君”こと演出助手の坂場一久(中川大志)。「アニメーターとしてのなつに大きな影響を与えてゆくのかもしれません」というナレーションが入るほどの人物だ。

 常盤御前のライブアクションでカチンコも打てない不器用な坂場の姿をスケッチするほど、彼を少し下に見ていたなつ(立場としてはなつが先輩)。そこに、なつが描いた動画に「おかしくないですか?」と聞きにくるのが坂場だ。問題となるのは、牛若丸が馬に乗って崖を下る訓練のシーン。なつが描いた動画は体が前につんのめっており、怖がっているなら体を後ろにのけぞらそうとするのではないか、というのが坂場の主張だ。

 動揺しつつもなつは、アニメーターにとって表情は大事な表現と返し、ディズニーの教科書で学んだ「スクウォッシュ・アンド・ストレッチ」を説明しようとするが、博識の坂場に逆に論破されてしまう。下山班の面々も、ファイティングポーズを取れとばかりに、なつに熱い眼差しを向けるが段々とその光景に意気消沈していき、下山も動画の修正を承諾してしまうのだ。

      

「『なつぞら』中川大志が問いかけたアニメーションのリアリティ 次週は山田裕貴に波乱の予感」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版