>  >  > 『なつぞら』井浦新は『半分、青い。』秋風に重なる?

『なつぞら』井浦新が好演 ヒロインを導く“師匠”の姿は『半分、青い。』秋風にも重なる?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 井浦新が朝ドラ『なつぞら』(NHK総合)で演じるトップアニメーター・仲努がSNSを中心に好評を博している。6月14日には『あさイチ』(NHK総合)プレミアムトークで井浦の特集が放送される予定で、『なつぞら』を通して、彼の魅力が様々な世代にリーチしている状態だ。

 1994年、当時19歳でモデルデビュー。芸名をARATAとして、1999年、映画『ワンダフルライフ』で俳優活動を開始し、2002年には話題作、映画『ピンポン』に出演した。2012年、映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』への出演を機に、本名の井浦新に改名。その後は、ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(フジテレビ系/2012年)、『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(フジテレビ系/2019年)など話題作に多数出演し、中でもドラマ『アンナチュラル』(TBS系/2018年)では壮絶な過去を背負う法医解剖医・中堂系を演じ、『第11回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞』で助演男優賞を受賞した。2019年においては、2月公開の映画『赤い雪 Red Snow』を皮切りに、現在公開中の主演映画『嵐電』、6月公開の主演映画『こはく』、8月公開の映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』、9月公開の映画『宮本から君へ』と立て続けに出演作が封切りとなる、本格的な井浦新ブームが予感されるほどだ。

 そんな井浦は意外にも朝ドラ初出演。『なつぞら』で演じる仲は、ヒロイン・なつ(広瀬すず)に眠るアニメーターとしての才能をいち早く見出す東洋動画の作画監督だ。仲が初登場するのは、なつが兄・咲太郎(岡田将生)を捜すために東京を訪れた際、天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)に誘われ、東洋動画に足を踏み入れる第31回。「いらっしゃい」となつを迎える第一声はとても柔らかく、アニメーションに夢を見るなつに触発されるかのように、仲自身もアニメーションに熱い思いを秘めているのが伝わってくる。陽平を始め、克己(川島明)といった後輩はもちろん、映画監督・露木(木下ほうか)からも人望が厚く、なつが2度のテストを経て東洋動画に入社でき、さらにはアニメーターになる試験を特別に受けることができたのは、仲の後ろ盾あってのものにほかならない。

      

「『なつぞら』井浦新が好演 ヒロインを導く“師匠”の姿は『半分、青い。』秋風にも重なる?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版