>  >  > 『なつぞら』東京編は北海道編のモチーフを反復?

『なつぞら』北海道編のモチーフが東京編で反復 朝ドラで「労働争議」はどこまで描かれるのか

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 連続テレビ小説(以下、朝ドラ)『なつぞら』がはじまって2カ月弱が過ぎようとしている。

 朝ドラ100本目となる本作は、アニメーターを志すヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)の物語だ。現在は東映動画の人々からヒントを得ていると思われる東洋動画が舞台となっているのだが、北海道編で描かれたモチーフが東京編で反復されることで、テーマがより深まっているように感じる。

 本作はなつがアニメ制作に携わることもあってか、アニメ作品の影響が多い。中でも宮崎駿と故・高畑勲が関わった作品の影響は大きく、戦災孤児だったなつと兄の咲太郎(岡田将生)の関係は、高畑が監督を務めたアニメ映画『火垂るの墓』、十勝で酪農をする姿は、高畑が演出を務めたテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』を思わせる。

 また、行く先々で女性を虜にする咲太郎だが、「『心の操』を貸したままだから返してくれ」と土間レミ子(藤本沙紀)に言われる場面は、宮崎駿監督の『ルパン三世 カリオストロの城』のルパンを思わせる。そもそも、働くことを通して成長していくヒロインの姿は、宮崎・高畑が手がけた作品で繰り返し描かれてきたモチーフである。

 一方、演劇というモチーフも繰り返し登場する。

 高校に入学したなつは演劇部に所属し、顧問の倉田隆一(柄本佑)から演技の指導を受ける。そこで教わるのが、スタニスラフスキー・システムだ。ソ連(ロシア)の演劇人コンスタンチン・スタニスラフスキーが提唱したこの演劇論は、かいつまんで言うと、役柄を演じる際には、想像力で役の内面を掘り下げ、自分の気持ちを投影することで心身共に役に成り切るという考え方だ。

 なつが『白蛇姫』のヒロイン・白娘が泣き崩れる動画を描く場面や、舞台女優の亀山蘭子(鈴木杏樹)が声優として声を吹き込む場面において、絵に魂を吹き込むとはどういうことか? という問いが繰り返されるのだが、そこで導き出される“自身の経験から想像してキャラクターの内面を掘り下げ、自分ならではの演技をする”という結論は、スタニスラフスキー・システムの応用であり、アニメのリアリティと演劇のリアリティを同じ尺度で見せるのは、本作ならではの解釈だろう。

      

「『なつぞら』北海道編のモチーフが東京編で反復 朝ドラで「労働争議」はどこまで描かれるのか」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版