>  >  > 『鋼の錬金術師』東京国際映画祭OP作品に

第30回東京国際映画祭「特別招待作品」ラインナップ発表 オープニング作品は『鋼の錬金術師』に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月25日から11月3日にかけて開催される第30回東京国際映画祭より、「特別招待作品」のラインナップが発表された。

 第30回という記念すべき本年のオープニング作品は、荒川弘の人気漫画をHey! Say! JUMPの山田涼介主演で実写映画化した『鋼の錬金術師』に決定。クロージング作品には、元アメリカ副大統領アル・ゴアが地球温暖化問題に警鐘を鳴らすドキュメンタリー映画『不都合な真実2:放置された地球』が選ばれている。また、第30回オープニングスペシャルとして、チェン・カイコー監督が手がけた、日中共同製作映画史上最大のプロジェクトとして注目される『空海―KU-KAI―』の特別フッテージがオープニングセレモニーにて上映されることも決定した。

 特別招待作品部門のラインナップには、アレハンドロ・ホドロフスキー監督最新作『エンドレス・ポエトリー』、第74回ヴェネチア国際映画祭で脚本賞を受賞したマーティン・マクドナー監督の『スリー・ビルボード・アウトサイド・エビング、ミズーリ(原題)』、坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』、第74回ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたギレルモ・デル・トロ監督最新作『シェイプ・オブ・ウォーター(原題)』をはじめ、『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA』、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』『写真甲子園 0.5秒の夏』、『泥棒役者』、『巫女っちゃけん。』、『Mr Long/ミスター・ロン』、『ミッドナイト・バス』、『MUTAFUKAZ』、『ローガン・ラッキー』など13作品が決定。本日9月16日より、劇場にて第30回東京国際映画祭予告編の上映が開始されている。

『第30回東京国際映画祭』予告編

 なお、東京国際映画祭のオープニング作品で、邦画が上映されるのは10年ぶり。オープニング作品として、日本のコミック原作の映画が上映されるのは今回が初となる。東京国際映画祭の運営事務局は、「『鋼の錬金術師』は、日本映画が世界に向けて、大きく可能性を広げる作品です。これまでは映像化できなかった、完成度の高いストーリーや世界観からなるマンガやアニメのポップカルチャーを、自分たちの手で映像化し世界に向けて大きく発信できる、ということを証明する、大きな分岐点であると思います。日本アニメーションの誕生から100周年の今年、映画『鋼の錬金術師』という、日本最強カルチャーを30回を迎える東京映画祭のオープニング作品として上映することを誇りに思います」とコメント。

 また、本作を手がけた曽利文彦監督は「東京国際映画祭のオープニング作品に選んでいただけて本当に光栄です。日本映画の最新作の1作品として、日本のコンテンツパワーや日本映画のクオリティや技術を国内はもちろん、海外の方々にも広くアピールできることを心から願っています」とコメントを寄せている。開催期間中には、曽利監督によるスペシャルトークショー“マスタークラス”も予定されている。

<オープニング作品>

(c)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (c)2017 映画「鋼の錬金術師」

『鋼の錬金術師』
監督:曽利文彦
出演:山田涼介(Hey! Say! JUMP)、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子
配給:ワーナー・ブラザース映画
原作:荒川弘
(2017年/日本)

<クロージング作品>

(c)2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『不都合な真実2:放置された地球』
監督:ボニー・コーエン、ジョン・シェンク
出演:アル・ゴア
配給:東和ピクチャーズ
(2017年/アメリカ)

<第30回記念 オープニングスペシャル>

(c)2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film

『空海―KU-KAI―』
監督:チェン・カイコー
出演:染谷将太、ホアン・シュアン、チャン・ロン・ロン、松坂慶子、火野正平、阿部寛
配給:東宝/KADOKAWA
(2017年/中国=日本=香港)

<特別招待作品>

(c)2016 SATORI FILMS, LE SOLEIL FILMS Y LE PACTE

『エンドレス・ポエトリー』
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー
配給:アップリンク
(2016年/フランス=チリ=日本)

(c)2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社

『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA』
監督:雨宮慶太
出演:栗山航、池田純也、青木玄徳、南里美希、井上正大
配給:東北新社
(2017年/日本)

(c)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』
監督:トラヴィス・ナイト
声の出演:シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、ルーニー・マーラ、アート・パーキンソン、レイフ・ファインズ、ジョージ・タケイ
配給:ギャガ
(2016年/アメリカ)

(c)2017 Twentieth Century Fox

『スリー・ビルボード・アウトサイド・エビング、ミズーリ(原題)』
監督:マーティン・マクドナー
出演:フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン サム・ロックウェル、アビー・コーニッシュ、ジョン・ホークス、ピーター・ディンクレイジ
配給:20世紀フォックス映画
(2017年/イギリス)

(c)2017 Twentieth Century Fox

『シェイプ・オブ・ウォーター(原題)』
監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス、リチャード・ジェンキンス、オクタヴィア・スペンサー
配給:20世紀フォックス映画
(2017年/アメリカ)

(c)シネボイス

『写真甲子園 0.5秒の夏』
監督:菅原浩志
出演:笠菜月、白波瀬海来、中田青渚、甲斐翔真、萩原利久、中川梨花、河相我聞、平祐奈、千葉真一、秋野暢子
配給:BS-TBS
(2017年/日本) 

(c)2017「泥棒役者」製作委員会製作委員会

『泥棒役者』
監督:西田征史
出演:丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、高畑充希、片桐仁、峯村リエ
配給:ショウゲート
(2017年/日本) 

(c)2017「巫女っちゃけん。」製作委員会製作委員会

『巫女っちゃけん。』
監督:グ・スーヨン
出演:広瀬アリス、山口太幹、MEGUMI、飯島直子、仁村紗和、リリー・フランキー
配給:スリーパーエージェント
(2017年/日本)

(c)2017 LIVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA

『Mr Long/ミスター・ロン』
監督:SABU
出演:チャン・チェン、青柳翔、イレブン・ヤオ、バイ・ルンイン
配給:HIGH BROW CINEMA(LDH pictures)
(2017年/日本=香港=台湾=ドイツ)

(c)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社

『ミッドナイト・バス』
監督:竹下昌男
出演:原田泰造、山本未來、小西真奈美、七瀬公、葵わかな、長塚京三
配給:アークエンタテインメント
(2017年/日本) 

(c)ANKAMA ANIMATIONS – 2017

『MUTAFUKAZ』
監督:ギヨーム・ルナール
出演:オレールサン、Gringe、レドアン・ハルジャン、フェオドール・アトキーヌ、ジュリアン・クラマー、エマニュエル・カルセン、ギルバート・レビー、ケリー・マロット
配給:パルコ
(2016年/フランス=日本) 

(c)2017 SKMTDOC, LLC

『Ryuichi Sakamoto: CODA』
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
出演:坂本龍一
配給:KADOKAWA
(2017年/アメリカ=日本)

(c)2017 INCARCERATED INDUSTRIES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ローガン・ラッキー』
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ダニエル・クレイグ、ケイティ・ホームズ、ライリー・キーオ、セス・マクファーレン、キャサリン・ウォーターストン ヒラリー・スワンク、セバスチャン・スタン、ジャック・クエイド
提供:東北新社
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/ STAR CHANNEL MOVIES
(2017年/アメリカ)

■イベント情報
第30回東京国際映画祭
開催期間:2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木ほか
10月14日(土)より一般チケット発売予定
※一部9月下旬より抽選販売作品あり。詳しくは公式サイトにて
公式サイト:www.tiff-jp.net

「第30回東京国際映画祭「特別招待作品」ラインナップ発表 オープニング作品は『鋼の錬金術師』に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版