「少年ジャンプ+」で異色の華道部マンガがスタート! 『もえばな』が描く希望

 野球部、サッカー部、バスケ部、吹奏楽部……学生ならではの部活動をテーマにしたマンガは、いつの時代も変わらず多くの人に愛されてきた。近年では『あさひなぐ』(こざき亜衣)の薙刀部や、『ちはやふる』(末次由紀)の競技かるた部など、描かれる部活動のジャンルは更なる広がりを見せている。

 そんなマンガの一大テーマとして人気を誇る部活動モノだが、なんと『SPY×FAMILY』(遠藤達哉)や『ダンダダン』(龍幸伸)など数々のメガヒット作品を輩出する「少年ジャンプ+」から、新たに“華道部”を舞台にしたマンガが誕生した。

大好きな“お花の擬人化アニメ”がきっかけで華道部へ

 その名も『もえばな』(横山左)。主人公は、お花の擬人化アニメ「ぶけぞの」をこよなく愛する高校生・深草九十九。彼が通う高校の裏玄関前には、華道部が手がけた生け花が飾られているが、そこは彼にとってはアニメの世界観に浸れる聖地。今日は芍薬、昨日までは牡丹……と、生けてある花の種類はもちろん、葉のツヤの変化にまで敏感に察知する九十九を見た華道部の先輩・上巻は、彼を華道部に勧誘する。

 ただアニメが好きなだけの自分に華道部が務まるのかという不安、そして入退院を繰り返す病弱な妹のことを考えてしまい、なかなか入部への一歩が踏み出せない九十九。だが、実際に自分が生けた花を妹にプレゼントした瞬間、彼女が見せた笑顔から“花の力”を実感する。こうして花が持つ力に魅了された九十九は、全くの未経験ながら華道部の世界に身を投じていく。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる