カレー沢薫が語る“モテ”の弊害 「“不都合なモテ”を許容できないなら、モテない方がマシ」

カレー沢薫が語る、“モテ”る弊害

 先日、“モテ”をテーマにした『モテるかもしれない。』を上梓した作家・カレー沢薫氏。ZOZOTOWNを創設した実業家・前澤友作氏やジブリ映画に登場する男子、インド映画が生んだスーパースター・バーフバリなど、“モテる”人たちはどのようにモテているのかを独自の視点から鋭く分析し、話題となった。

 プライベートでは20代後半で5年付き合ったパートナーと結婚。ADHDの治療を赤裸々に綴った『なおりはしないがましになる』も大きな反響を呼び、作中で描かれる独特な夫婦関係は多くの読者を驚かせた。“モテ”と結婚には明確な違いがあると常日頃から主張するカレー沢氏に、恋愛や結婚観について詳しく話を訊いた。(ふじこ)

――本書を読んで前澤友作さんのモテについて書かれた章が、特に面白く印象に残っているのですが、カレー沢さんは前澤さんと付き合えることになったら付き合いますか?

カレー沢薫(以下、カレー沢):私ではちょっと釣り合わないかなあと思います。何だかんだ凄い人だし、頭もいいし、収入も国内トップクラスなので……。付き合ってもどう接したらいいかわからないですし、彼と付き合える自信もないし、卑屈になって病んでいくと思います。一緒にいたら「私の方が気に入られなきゃいけない」とどうしても考えてしまうと思うんですよね。元カノでもキツイと思ったものが私にどうにかできるとは思えないので、お付き合いはできないと思います。

――ジブリ男子の章では、『天空の城ラピュタ』の悪役にあたるムスカが一番好きだと書かれていますが、彼のどんなところが好きですか?

カレー沢:実は『ラピュタ』をきちんと観たことがなく、人から聞いた情報しかないんですが、立場は上の人だけどなんかうまくいかなくて、最後かわいそうな感じで物語が終わってしまう……ということは知っていて。性質的に私の好きな感じなのですが、でも最後が悲しい感じで終わるならちょっと観られないな、ということで映画はチェックできていないんです。“ハイスペ男子”がうまくいかないところに萌えを感じるんですよね。生まれが良くて頭もよくて地位もあるのに、うまくいかない。そういう俺様男子がヒロインに翻弄されるという図が好きなんです。世間でもこういう設定が人気ですけど、俺様男子が下剋上されるところが見たいと常に思っています。余裕がなくなるところが見たいんですよね。

――なるほど。そうした”カッコわるさ”というか、不意に表に出てしまう人間味も、場合によっては“モテ”につながるということですね。カレー沢さんにとって「モテる」とはどういうことだと思いますか?

カレー沢:まずは人間的に好かれるということだと思います。“モテ”というのは種類がたくさんあり、異性に好かれる人もいれば同性に好かれる人もいるし、必ずしも本人が望まない、どうしようもない人ばかりにモテてしまう場合もある。むやみにモテたいと言っても「どうモテたいのか」が明確でなければ、意図しないモテに振り回されることになると思います。そうした“不都合なモテ”を許容できないなら、モテない方がマシだと私は思っています。

ーー結婚できるかどうかと、モテるかどうかは違うと日頃からよく発言されていらっしゃいますね。

カレー沢:私は「結婚してるのに非モテを気取るな」といまだに言われます。正真正銘“モテない”方からすると、「結婚しているだけいいじゃないか」というご意見もわかるんですけど、結婚=モテは違うということはこれからも主張していきたいです。私の考えでは、結婚にその人の能力はそんなに関係なく、例えば「誰でもいいから結婚したい」と思っている人同士が出会ってしまえば結婚すると思いますし……。既婚者というだけでアイデンティティを否定されるのは納得がいかないですね。

――カレー沢さんから見て、旦那さんはモテる方ですか?

カレー沢:人間的には好かれる人なんじゃないかなと思います。頼りにされることが多いというか。職場でも何かあったら相談されるタイプですね。モテる人って男女問わず他の人を惹きつける魅力を持ってる人だなというのは感じます。人から自然と声がかかって、自分ひとりの時間がなかなか持てなかったり、自分以外のことで悩まないといけないことも多かったり。

ーー確かにモテる人はいつも忙しくしているイメージがあります。

カレー沢:モテないと基本的に人から声をかけられないし、頼られることもないので、100パーセント自分のために時間を使えるんです。負け惜しみに聞こえるかもしれないけれど、その意味で私はモテなくてよかったなと思います。もっというと、モテるということは他人と関わるということであって、例えば、告白されたら否応なくその人のことを考えないといけないですよね。断るにしてもどう断るか悩まないといけないし、人間関係がこじれる場合もありますし。モテないとそういった煩わしさから一切解放されるので楽だなと。

ーーモテも楽じゃないですね……。

カレー沢:そもそもモテない人ってひとりで居ることが好きな人が多いと思うんです。他人に関心がなければモテないのは当たり前なので、ないものねだりだなって。実際にひとりの特定の人が好きなモテない人が、急にモテたとしても困ると思うんですよね。モテを持て余すというか。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「著者」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる