「わきまえない女」が活躍する異色ミステリー『元彼の遺言状』がランクイン 1月期月間ベストセラー

「わきまえない女」が活躍する異色ミステリー『元彼の遺言状』がランクイン 1月期月間ベストセラー

1月期月間ベストセラー【総合】ランキング(トーハン調べ)

1位 『秘密の法 人生を変える新しい世界観』大川隆法 幸福の科学出版
2位 『星ひとみの天星術』星ひとみ 幻冬舎
3位 『推し、燃ゆ』宇佐見りん 河出書房新社
4位 『スマホ脳』アンデシュ・ハンセン/久山葉子 訳 新潮社
5位 『100分de名著 カール・マルクス『資本論』 2021年1月』斎藤幸平 講師 NHK出版
6位 『かんたん家計ノート 2021』講談社 編 講談社
7位 『呪術廻戦 逝く夏と還る秋』芥見下々、北國ばらっど 集英社
8位 『人は話し方が9割』永松茂久 すばる舎
9位 『元彼の遺言状』新川帆立 宝島社
10位 『齊藤京子1st写真集 とっておきの恋人』齊藤京子/岡本武志 撮影 主婦と生活社

 2021年1月期月間ベストセラー〈総合〉が発表された。芥川賞を受賞した宇佐見りん『推し、燃ゆ』、『人新世の「資本論」』が話題の斎藤幸平が講師を務める『100分de名著 カール・マルクス『資本論』 2021年1月』、アニメ化で新規ファンも急増したジャンプマンガのノベライズである芥見下々、北國ばらっど『呪術廻戦 逝く夏と還る秋』などメディアの影響も後押ししてのヒットが目立つなか、新人の第一作小説ながらランクインしたのが新川帆立『元彼の遺言状』だ。

 『元彼の遺言状』は第19回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。著者は1991年、米テキサス州ダラス出身、宮崎市育ち。「作家になる」と決心したのは16歳。「収入が安定するまで経済的に大変だろう」と思って資格仕事との兼業を考え医学部を受験するも落ちたため東京法学部へ進学し、司法試験に合格。司法修習中に最高位戦日本プロ麻雀協会プロテストに合格して1年間プロ雀士として活動。2017年1月に弁護士登録。大手法律事務所などを経てインハウスロイヤー(企業内弁護士)として活動しながら小説を投稿し、本作でデビュー、現在は弁護士としては休職して執筆に専念している。「経歴を聞いただけでおなかいっぱいになる」とデビュー前から話題だったが、作品も強烈だ。

わきまえない女弁護士・剣持麗子

 主人公は丸の内にある有名法律事務所で働く弁護士。付き合っている相手が提示した婚約指輪に対してショボいと突き返し、「お金がないなら、内臓でも何でも売って、お金を作ってちょうだい」。勤務先で勤務態度・素行が問題視されて昨年より150万円ボーナスが減額されるとキレて「辞めてやる!」と言い捨てる。そんな折、ふと思い出した三つ前の彼・森川英治に連絡してみると、「英治は死んだ」との連絡が。

 麗子は亡くなるまで知らなかったが、英治は大手製薬会社の御曹司。しかも「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言状を残していた。麗子は、犯人候補に名乗り出た栄治の友人の代理人として、森川家主催の「犯人選考会」に参加。数百億円と目される財産の分け前を得るべく、麗子は依頼人を犯人に仕立て上げようと奔走。

 さらに麗子は3カ月しか付き合っていなかったにもかかわらず、やはり英治の遺言によって「元カノの一人」としても軽井沢の屋敷を譲り受けることになっていた。ところが遺書が保管されていた金庫が盗まれ、英治の顧問弁護士が殺害される……。

 主人公はカネのためには義理も人情もないかに見えるスペック重視の痛いやつに映るし、「空気」「雰囲気」を乱したことで低い評価をされることには猛然と反発する。まったく「わきまえない女」である。

 対比的に描かれる男たちのどうしようもなさも印象的だが、問題はそのどうしようもなさが「あるある」なことだ。元カノのことをいつまでも甘美な思い出として抱えている、「男のプライド」を踏みにじられることを許せない小物、上下関係を盾に従えようとする、聞いて欲しくてたまらなそうな態度をしているので振ってみると話が長い、女性差別的……等々。

 この作品では女性、とくに成績や仕事の能力が優秀な女性が男社会で直面する苦労や嫌味がよく描かれている。本作のAmazonカスタマーレビューを覗くとミソジニーめいた書き込みが散見されるが、男にありがちな態度をズケズケと指摘されて「この作品にはここが瑕疵がある」云々とマンスプレイニングに走っているとしか思えない。このことだけ取っても、今読まれるにしかるべき作品だと言える。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ランキング」の最新記事

もっとみる