毒祖母に育てられ、少女は多重人格に……! 40年前の少女漫画に描かれた、教育の闇とは

毒祖母に育てられ、少女は多重人格に……! 40年前の少女漫画に描かれた、教育の闇とは

 古代ローマの神・ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることができたという。この物語は、ヤヌスにもう1つの心を覗かれてしまった少女の壮大なロマンである。もしあなたに、もうひとつ顔があったら……。

 というモノローグで始まるドラマ、覚えている方はいらっしゃいますでしょうか。主人公の杉浦幸さんが、なんだかカリカリのパーマかけて出演してました。彼女はこのあとに『この子誰の子?』というこれまた少女マンガ原作のドラマに主演していまして、80年代大映ドラマを代表するアイドルでしたよね。

『ヤヌスの鏡』集英社
『ヤヌスの鏡』集英社

 作者の宮脇明子先生は人の闇を描くのが得意な作家です。貧乏な家の少女がピアノの腕と策略でのし上がっていく『銀と金のカノン』は最高にネチネチしていておもしろかった。で、『ヤヌスの鏡』ですが、むっちゃくちゃ厳格でデッサンも崩れがちな恐ろしい形相の祖母に育てられ、抑圧されて別人格が生まれちゃった少女ヒロミの物語です。

 ばあさんの娘、ヒロミの母親は反対を押し切ってヒロミを産み、男に裏切られたことで身投げしてしまう。ふしだらで不真面目だとばあさんがお怒りだけど、娘の素行が悪いのもアンタがうるさいからでしょう。そりゃばあさんお前のせいだよ。ばあさんは娘の教育に失敗したからか孫のヒロミにもめちゃくちゃうるさくて、男女交際なんてとんでもない、「おまえの母親は男にだまされて、お前を産んで北の湖で身投げしたんだ」「おまえなんか生まれなければよかった」とか保護者にあるまじき暴言ばっかり吐いてます。そりゃばあさん、孫も多重人格になるわ。ぜんぶお前のせいだ。

 かくいうヒロミは人生辛くなっちゃって、ユミという人格を生みだし、夜な夜なディスコ(笑)に行くわ、不良グループとケンカはするわ、大暴れを始めます。宮脇先生の作品の主人公って、めちゃくちゃ策略に長けてて優秀なので気持ちがいいんですよね。ユミは乗ったこともないバイクを華麗に操りレディースを蹴散らしたり、ケンカが仕事みたいな奴らとタイマン張って勝利したり。才能に満ちあふれているんです。ものすごく爽快です。

 ユミの行動はどんどんと過激になっていき、登場人物の誰よりも悪者になっていきます。これがあのうるさいばあさんのせいかと思うと、因果応報ざまあみろ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる