『鬼滅の刃』少女マンガ的な魅力とは? 炭治郎と禰豆子の兄妹関係に好感を抱くワケ

『鬼滅の刃』少女マンガ的な魅力とは? 炭治郎と禰豆子の兄妹関係に好感を抱くワケ

 『鬼滅の刃』ブームがすごいですね。1日で鬼滅関連のモノを目にすることなく過ごすのは至難の業でしょう。先日はあまり視野を広げずに下を向いて歩いていたのに、道路に炭治郎のキーホルダーが落ちていました。

 かくいう私もジャンプ本誌で最終回まで追い、鬼滅SLに応募しまくり、当選したので乗りに行き、その予習のために映画を見に行ってバク泣きして来ました。鬼滅のためにけっこうイレギュラーなこといっぱいやっています。

 鬼滅を初めて知ったのは、2018年に六本木ヒルズで開催されていたジャンプ展の時です。『ブラック・クローバー』『約束のネバーランド』『鬼滅の刃』が新作連載として紹介されていました。その時に「鬼になりかけた妹を助ける兄の話? なにそれ胸キュンだ!」と思ったのです。

 私は少年マンガを全部読め進められたことがあまりないのですが、鬼滅のこのハマりっぷりは我ながら久しぶりです。その理由を考えてみました。

①シスコンものである

 兄と妹の話は、少女マンガにめちゃくちゃたくさんあります。『聖14グラフィティ』『東京のカサノバ』『エデンの花』『そんなんじゃねえよ』『シックス・ハーフ』などなど……。

 兄妹もので王道なのは、兄はめちゃくちゃデキがよくイケメンなこと。そして兄とは実は血が繋がっていませんでしたラッキー! 恋愛できる! みたいなもの。それが発展していき、実の兄が実の妹に恋愛感情を抱いて欲情しまくる物語すら登場しました。妄想と欲望の翼は果てしないですな。

 私個人は兄を欲しいと思ったことはなく、むしろ弟に強い憧れがありました。なので兄妹作品には萌えないのですが、一般的に兄妹・姉弟ものに非常に大きな需要があることは伺えます。

 ただ少女マンガには、やたら威張った兄が「お前、バカだな!」とか見下してくることがあります。「兄らしさ」を表現しているのでしょうが、実際やられたらけっこうイラッとくるはずです。でも炭治郎は、兄だからといって理不尽に権利を行使したりしないところが、兄萌えじゃない私にもとても好感が持てます。

②無惨さまが美しい

 悪者ってめっちゃマッチョだったり、とかく醜く描かれることが多いですが、無惨さまは美しいですね。登場する鬼たちも、グロテスクなものはあまりいません。

 もし無惨さまが「太陽の下を歩きたいよゲヒゲヒ」みたいな品のないキャラだったら「あー、早く倒されちゃいなよ」と思っちゃいます。でも美しいので完全に嫌いにはなりません。魘夢や堕姫も、美しかったですね。魘夢なんか喋り方まで何か色っぽくて、ゾクゾクしました。

 GACKTが無惨のコスプレした動画が話題になりましたが、あの無惨さまって、「スムース・クリミナル」って曲のマイケル・ジャクソンそっくりじゃないですか? 美しい!

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる