あの海原雄山が認めた「キャベツのスープ」とは? 『美味しんぼ』至高の料理4選

あの海原雄山が認めた「キャベツのスープ」とは? 『美味しんぼ』至高の料理4選

 『美味しんぼ』の登場人物で最も美味にこだわる男、海原雄山。気に入らない料理は容赦なく酷評する一方で、出来の良い物には、惜しみない賛辞を送る。

 今回はそんな厳しい海原雄山が高く評価した料理を取り上げてみたい。

本村が炊いたご飯(8巻)

 結婚式で、「嫁の領子に料理の基本を教えてほしい」と山岡士郎に依頼した唐山陶人。山岡は「基本といえば、飯の炊き方と味噌汁の作り方ですか」と快諾する。

 それを聞いた雄山は「この男にそんなことができるわけない」と笑い、山岡と対決することに。雄山は代理として、かつて自分の下で働いていた本村に「15年ほど前にお前の家で飯を食わせてもらったことを覚えているか? それと同じものを作れ」と命令した。

 対決当日、本村の作った料理を食べる唐人夫妻と東西新聞社文化部の3人。唐人はご飯を口に入れると、「この飯は…」と驚き、栗田も「山岡さんのより美味しいわっ」と叫んでしまう。味噌汁もまた、同じだった。

 雄山から「なぜここまで味の違うのか」尋ねられ、「材料の差」と苦し紛れに答える山岡。怒った雄山は調理場に山岡を呼び本村に作り方を説明させるると、米粒の形を1つ1つ確認し、形を揃えたうえで米を炊いていたことが明かされる。

 この様子を見た雄山は「これが決定的に重要なことなのだ。どんなに火加減に気を配ってもふぞろいだと炊きあがった米に微妙なムラができる」と説明する。また、味噌汁についても味噌を山椒の木の枝で擦り、中のシジミも形を揃えていた。

 決して高級ではないが、本村の心のこもった料理を雄山は高く評価していたのだ。そして「良い材料を使えば美味しい」と考えていた山岡を激しく罵った。

中国副主席の中華料理(8巻)

 山岡の暗躍もあり、美食倶楽部で食事をすることになった周大人夫妻。そのお礼として、中華街の老舗料理店に、雄山を招く。

 味に厳しい雄山だが、出された「シンフェンクォオ」(蒸し餃子)を食べると、「むう……上品でコクのある味だな」と絶賛する。「エイビンチョ」(お粥)には「ああ、この香菜の香りがたまらない」と似つかわしくない発言。

 さらに甘い料理「チーマーカオ」には、「ホフホフ……熱い。周りに白ゴマをまぶし、中身が黒ゴマの餡とは。実に妙なる味だ」と大絶賛。次に出された「オウヨンタンイーハウ」には、「美しいですな、半透明の白い肌のモチを青じその菜で包むとは……」と見た瞬間に褒め称える。

 そして「むう、この餡は変わっている。色々なものが混ざっていますな」と、絶賛。周大人が中身を説明すると「中国人の想像力には感服する」と褒め、料理人についても「素晴らしい。中国本土でも香港でもこのコックなら第一級の地位を与えられるでしょう」と、褒めちぎった。

 雄山が褒めた料理人の正体は、美食倶楽部で食事をすることを断られた中国の国家副主席。料理を絶賛した雄山は、料理の腕に感服し、副主席を美食倶楽部に招いた。味に厳しい雄山がここまで料理を褒めちぎるのは、かなり珍しい出来事だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる