『美味しんぼ』山岡士郎、なぜグータラなのに尊敬される? ほっこり人助けエピソード4選

『美味しんぼ』山岡士郎、なぜグータラなのに尊敬される? ほっこり人助けエピソード4選

 『美味しんぼ』の主人公、山岡士郎。食に妥協しない姿勢と権力に媚びず、「ダメなものはダメ」と立ち向かっていく姿勢は、読者に広く尊敬されている。

 山岡は、劇中料理を通じて多くの人を救ってきた。今回はそんな「山岡の人助け」を振り返ってみたい。

双子のラーメン屋を救う

 栗田ゆう子が同窓会に参加すると、双子の兄弟、揚紅龍と白竜が経営するラーメン屋にそれぞれ嫁いだ双子の姉妹と再開する。2人は「ゴット姉ちゃん」似の先生に「悩みがある」と涙を見せる。

 悩みの理由は、それぞれの夫である兄弟の仲違い。店がガイドブックに掲載されると、「どちらのおかげで美味しいのか」を冗談半分で話すうちに喧嘩になり、白竜が別の店を向かいに出し、いがみ合うようになったのだ。

 栗田が「味を判定できる人物」として協力を頼んだのが山岡。「競馬の馬券を買ってあげる」ことを条件に、解決を頼む。「女に競馬はわからん」とうそぶく山岡だが、おもむろに仲違いの原因となった雑誌「中華そばマニア」編集部に連絡を入れる。

 どうやら山岡は編集部と知り合いだったようで(アニメで編集部に出向き、編集長が「久しぶり」と声をかけている)、編集部員を引き連れ、取材と称して紅龍と白竜それぞれの店を訪れ、味を食べ比べることにした。

 中華そばマニアの編集部員たちは、紅龍と白竜の作ったラーメンを食べると「どちらの店にも星はあげられない。今年は掲載できない」「評価の対象にならなくなった」と酷評する。

 ショックを受ける兄弟に助け船を出したのが、それぞれがラーメンを作る様子を暖簾越しに凝視していた山岡。紅龍の作った麺で、白竜が調理するよう依頼する。山岡は紅龍の麺づくりの能力と白竜の調理能力が合わさることで美味しいラーメンができていることを、わずか数分で見抜いていたのだ。

 これをきっかけに嫁たちの後押しを受け、両者は仲直りし1つの店に戻る。山岡はラーメン店と兄弟の仲違いを、鋭い料理の観察眼で救った。(2巻)

うどん屋と元格闘家を救う

 相撲観戦を楽しんだ山岡と田畑、花村、栗田の4人。帰りがけ山岡馴染みのうどん店「力屋」に行くと、かなり寂れている様子。痩せ細った店主と話し、うどんを待っていると反社会的勢力と思われる男たちが来店し、女性陣に絡む。そこで店主は男たちのせいで客足が遠のき、寂れてしまったことを明かす。

 山岡の機転で逃げることに成功した4人。その帰り道、橋から身を投げようとする力士、大谷と出会い、命を救う。その後東西新聞社を訪れた大谷を食事に誘うと、柔道日本代表の大山、プロレスラーの大馬と一緒になる。

 食事中の会話から3人がそれぞれの競技を引退し、再就職先に困っていることを知った山岡は、力屋に紹介。天職を得た3人は早速暴れに来た男たちをそれぞれの道で鍛えた技で追い出すと、パワーを生かしたうどん作りで店をあっという間に繁盛させた。

 暴力被害に悩むうどん店と、再就職先に困った大男を救う。山岡が一気に4人の人生を成功へと導いたのだ。(4巻より)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる