山岡士郎はいかにして栗田ゆう子の心を射止めた? 『美味しんぼ』珠玉のラブストーリー4選

山岡士郎はいかにして栗田ゆう子の心を射止めた? 『美味しんぼ』珠玉のラブストーリー4選

 グルメ漫画の名作として知られる『美味しんぼ』。料理以外にも良い話がたくさんあるが、時折描かれるラブストーリーも評価が高い。

 そこで今回はそんなラブストーリーのなかでとくに「面白い」と評判の話を振り返ってみよう。

サラダと美容(5巻)

『美味しんぼ(5)』

 東西新聞社・大原社主の業務命令でお見合いをすることになった山岡士郎。会食後、相手のあき子も義理でお見合いに出席しており、お互いに結婚する気がないことが分かると、2人は安堵する。

 「安心したらお腹が空いた」と、あき子から申し出があり、場所を変えて食事に行くと、サラダしか食べず「太っていることに悩んでいる」と肩を落とす。山岡が困っていると、あき子の元婚約者・広田が女性を引き連れて現れ、「なんで酷い趣味だ。よくそんな服を着て人前に出られるね」などと、罵る。山岡は敢然と「暴言だ」「かつての婚約者を侮辱するなんて男じゃない」と激昂した。

 数日後、東西新聞社に広田が現れる。応接室でお茶を出した栗田は広田から「山岡さんがあき子さんと見合いをしたと聞いた」と告げられると、露骨に不快感を示す。山岡は「義理でお見合いをした」と説明するが、2人は少々険悪なムードになる。

 広田はその様子を見て2人が「良い関係」だと思ったのか、あき子も義理でお見合いをしたことに安堵。そして敢然と自分に文句を言った山岡を見込んで、「婚約を破棄したあき子の本心を聞いてほしい」と頼んだ。

 山岡と栗田は一緒にあき子と会い、婚約を解消した理由を聞く。するとあき子は「自分が太っているからです」「広田さんが太った女に似合う服はデザインできないと言った」「ファッションデザイナーに太った妻がいたら、仕事の邪魔になる」と身を引いたと理由を説明した。

 その後、あき子を「岡星」に呼んだ山岡は、サラダしか食べない彼女に適切な食べ方をアドバイス。そして、事実を聞いてショックを受けていた広田が現れ、デザインしたドレスを着るよう頼む。それはあき子の身体に丁度いいサイズのウェディングドレスで、めでたく復縁する運びとなった。

 太っていることをコンプレックスに感じている女性と、「それでもいい」と、大きめの服をデザインしプレゼントして告白した広田。そんな2人に「自分もそんな人が現れてほしい」と思う読者も多かったのではないだろうか。

 また、栗田がお見合いをした山岡に露骨に嫉妬したことで、「異性」として意識し始めていることを匂わせた回でもあった。

鍋焼きうどん(25巻)

 ある寒い夜、「岡星」を訪れた京極万太郎、山岡、栗田に、岡星精一は様々な食材を入れたスペシャルな鍋焼きうどんを振る舞う。すると、そこへ弟の良三が現れ「(元恋人の)冬美さんが旅館で働いていた。行ってやってくれ」と促した。

 岡星は冬美と結婚、苦しい経営状態が続いたことを明かす。そしてある日、予約客のため豪勢な食材を用意したものの、キャンセルになり、それを使った鍋焼きうどんを作ったところ、たまたま入ってきた大口の客がその味を気に入り、おかげで店が繁盛することになったエピソードを打ち明ける。ところが大口の客が亡くなり、その通夜に参列していたところ、店が火事になり焼失。そして冬美が出ていってしまったという。

 「すべてを失った自分に魅力を失ったんだろう」と肩を落とす岡星に、良三は冬美が「自分と結婚すると相手が不幸になる。自分は疫病神だから出ていった。私が不幸を呼んでしまった」「いちばん大事な人だから、私が一緒にいてはいけないと思った」と話していたことを伝える。

 京極に促され冬美の働く旅館に岡星と山岡、栗田が向かう。到着すると追いかけてくることを予見し、すでに冬美は店を辞めていた。店の仲居から「今度の急行で…」と聞かされた3人はタクシーで駅へと向かう。

 岡星は駅のホームで列車に乗ろうとする冬美を発見すると、猛ダッシュ。冬美も乗り込もうとせず再開し、一緒にうどん屋へ向かう。そして特別に具の入っていない鍋焼きうどんを注文したうえで、「この鍋焼きうどんはオレの心の姿だ。寂しい、虚しい。中身がない。冬美の心の姿もこれと同じじゃないのか」「俺に幸運をもたらしてくれた。お前はもう不幸を使い果たしているんだよ。冬美の鍋焼きうどんで店を再建することができた」「こんな寂しい鍋焼きうどんではなく、豪華な鍋焼きうどんを一緒に食べよう」と説得し、2人は再び一緒になるのだった。

 岡星の愛のストーリーと鍋焼きうどんを交えた説得。内容に温かいものを感じた読者も多かったのではないだろうか。ちなみにアニメ版では岡星の声を若本規夫、冬美を麻上洋子が演じ、その迫真の演技が見る者の涙を誘った。

恋とおしるこ 42巻

 山岡との結婚を目論む二木まり子と、栗田ゆう子を狙う近城勇、団社長の登場で激しい駆け引きが繰り広げられていた中期の『美味しんぼ』。

 モーションを掛けても鈍感で暖簾に腕押し状態の山岡に戸惑う栗田に、成り上がりの団社長が「僕は君と結婚したい。邪魔なものは排除する」「山岡さんと対決する。君を勝ち取ってみせる」などとプロポーズする。

 また、近城も協力者の二木を引き連れ栗田の前に現れ、「僕と結婚してください。邪魔するものは叩き潰してでも勝ち取ってみせる」と求婚。二木は「カマトトぶるのはやめなさい。成熟した大人の女性として答えなさい」と畳み掛ける。栗田の答えは保留だった。

 プロポーズを受けたにもかかわらず、気持ちが沈む栗田を見て、同僚の荒川と三谷は「どちらを選ぶか迷うわね」となぜか嬉しそうな振る舞いを見せた。浮かない栗田は、気持ちを確かめるために山岡を食事に誘うが「当分忙しい」と断られてしまう。その日、退社しようと東西新聞社の玄関を出ると、山岡が謎の若い女性と待ち合わせ、夜の街へと消えていく様子を目撃した。

 荒川と三谷が怒るなか、栗田はここで山岡の後をつける。2人が訪れたのは、休業中の甘味処だった。意を決して中に入ると、山岡が女性とその夫の結婚に反対する父親のため、協力していることが判明する。栗田も「ある人の心を確かめたい」と協力することになった。

 その後栗田は団社長と近城のプロポーズを断ることを決意する。事情を聞きにきた荒川と三谷に、「2人を天秤にかけることはできない」と理由を話す。「天秤の端に誰を乗せるの?」と聞かれると、栗田は山岡であることを認める。

 荒川と三谷は自身の結婚時に山岡の協力を仰いでおきながら、「情けない。あの男はだめだと言ってるのに」「それは同情心なのよ」と考え直すよう促す。栗田は「同情心なんかじゃありません、私は山岡さんを尊敬しているんです」「グータラでいい加減で、団社長や近城さんのように社会的に成功する望みはないダメ男だけど、山岡さんは周りを幸せにするわ」「荒川さんも三谷さんも幸せだけど、そうなるまでに山岡さんの協力は無視出来ないと思う」と論破。初めて、山岡への想いを鮮明にした。

 断られた団社長と近城は、それでも「僕は待っている」と話す。それを聞いた荒川と三谷は喜び「山岡さんから栗田さんを取り戻そう」とガッツポーズをするのだった。

 遠回しに山岡への想いを表に出していた栗田だが、超鈍感な山岡の態度に心が揺れていた様子。そんなとき、団と近城のプロポーズを受けたことで、逆に山岡への想いを固めていく。一方で、荒川と三谷は、山岡と栗田との結婚に反対する姿勢を鮮明にする。

 42巻の「愛ある朝食」でも、栗田がプロポーズを受けたことを知った山岡が「僕は中立を保つ」と栗田に言い放ち、それを聞いた荒川と三谷が「あんな男のことは忘れろ」と迫るシーンがあった。鈍感男に悩む栗田への応援と、いたずらに反対する荒川と三谷への憤った読者も多かったことだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる