和食の天才、銀座一の寿司職人、中華の達人……『美味しんぼ』山岡士郎が認めた一流料理人たち

和食の天才、銀座一の寿司職人、中華の達人……『美味しんぼ』山岡士郎が認めた一流料理人たち

 食に厳しく、一流の料理人や妻である栗田ゆう子が作った料理ですら激しく叱責することも多かった『美味しんぼ』の山岡士郎。

 山岡を料理で満足させることはなかなか難しいが、山岡が料理の技術を認めた料理人も少なからずいる。本稿ではそんな稀有な存在を見ていきたい。

天才・岡星精一

 山岡が調理を依頼することも多く、最もその腕を信頼しているのが、「岡星」の岡星精一だ。

 億万長者の京極万太郎から、ルノワールの絵画を貸してもらうため、東西新聞社が料亭「花川」で接待したところ、「花川」が季節外れの料理を出してしまい、京極は激怒して絵画の貸し出しを断ってしまう。

 ここで山岡が京極のことを「ケツの穴の小さなジイさん」と罵り、翌日「美味しい料理を食べさせる」と約束する。そして銀座の名店を知り尽くす浮浪者辰さんから、「岡星」がイチオシであることを聞き出した。

 京極は岡星の店を見て「チッポケな店やな」と罵る。しかも岡星が出したのは、イワシの丸干し、ご飯と味噌汁という質素なもの。ところがそれは最上の食材を使ったもので、京極は大満足。その後山岡も岡星の腕を評価し、京極ともども頻繁に出入りするようになる。岡星も知名度を上げたようで、「天才・岡星」とまでいわれるようになった。

 その後は岡星の別れた恋人冬美との仲を取り持つ、料理人という職に疑問を持つ岡星を立ち直らせる、鬱病を克服する手助けをするなど、何度も窮地を救っている。(1巻より)

「しんとみ寿司」の富二郎

 銀座一と謳われる寿司屋店主、銀五郎の態度に不満を持った山岡。「本物の寿司を食わせてやる」と啖呵を切って銀五郎、大原社主、文化部のメンバーと訪れたのが、佃島にある小さな店、「しんとみ寿司」だった。

 店主の富二郎は、高齢でつねにニコニコしているおじいちゃん。しかし実は「銀座一」と称されながら突然消えた実力者で、銀五郎との味判定で参加者全員に「美味しい」と言わしめた。

 後日再び東西新聞社のメンバーが店を訪れると、富二郎は「社用族とか食通とか、そんなお客が増えちまいましてね。こっちで昔みたいな気心の知れた人たちを相手に、質素で真心のこもった商売をしたいと思ったんでさあ」と語った。

 「しんとみ寿司」と富二郎は美食倶楽部の宇田がハンバーガーショップを開いた回でも登場し、「酢飯の大事さ」を間接的に教え、そこからハンバーガーのパンを軽視していた宇田を立ち直らせている。

 この「しんとみ寿司」は、大路魯山人がその腕を認めた矢沢貢氏の「新富鮨」がモデルではないかという説がある。(1巻より)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「書評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる