『ハコヅメ』藤聖子と川合麻依は“上司と部下”を超えた関係性に? ますます深まる二人の絆

『ハコヅメ』藤聖子と川合麻依は“上司と部下”を超えた関係性に? ますます深まる二人の絆

 地方警察官の姿をリアルに描く人気漫画『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』。新米の川合麻依は致し方なく公務員を目指すも、あまりの激務に疲労困憊。辞表提出を決心していたが上司・藤聖子との出会いにより、彼女の警察官としての人生は大きく変わっていく。

 おカタい題材を扱っているもののコミカルなシーンがメインで、スイスイと読み進められるテンポの良さがある。ドラマ化を熱望する声が多く挙がっており、いずれは動く彼らを見られるかもしれない。筆者も映像化を今か今かと心待ちにするファンの一人だ。

 そんな『ハコヅメ』最新14巻は、前巻にて登場した猿渡署長の過去を描く「奥岡島事件の恩賞」編へ突入。登場時は”隣に座っていたオーラのないおじさん”的ポジションだったが、実は当時、事件の中心となっていた重要人物である。

 猿渡だけでなく源の父親や、すでに退官している鬼瓦もこの事件に関与しているのだ。今までスポットが当たっていないキャラクターも登場し、20年前の出来事がどう語られていくのか、そしてどう完結していくのかに注目していきたい。

 警察官という責任の強い仕事だからこそ、その背景には様々なものが潜む。人の死は常に隣り合わせで、明日誰かがいなくなる可能性さえ高いのだ。一同が心を痛めた「同期の桜」事件が正にその象徴と言えるだろう。幸い桜は一命を取り留めたが、この事件が残した傷跡は大きい。だからこそ彼らは結束し、立ち向かっていく。

 最初は組織に疑問を持っていた川合も、今ではすっかりと馴染んでしまった。今までとは比べ物にならないくらいの頼もしさが出てきたほか、藤への尊敬は膨らんでいくばかり。ただ「藤が褒められると自分も嬉しい」とニヤついていたり、尊敬の方向がややズレていってる気もするのだが。

 そんな藤も藤で、ペアの域を超える面倒見の良さを発揮している。悲しみを隠す川合に胸を貸す、噛み切れないスルメを反対側から食べてあげるなど、まるで彼氏!?と疑ってしまうレベルの行動が目立つ。序盤からやや甘やかし気味の彼女だったが、物語が進むにつれてどんどん加速しているような……。

 それを全く拒否せず、あっさりと受け入れる川合がまた面白く、無邪気で可愛らしい。ついつい上杉が見ていて気まずくなってしまうくらい、二人はペアの間にある”壁”をゆうに超えていたのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「漫画」の最新記事

もっとみる