『半沢直樹』『Another』時を経て描かれた続編が上位にランクイン 文芸書ランキング

『半沢直樹』『Another』時を経て描かれた続編が上位にランクイン 文芸書ランキング

週間ベストセラー【単行本 文芸書ランキング】(9月8日トーハン調べ)

1位 『転生したらスライムだった件(17)』伏瀬、みっつばー(イラスト) マイクロマガジン社
2位 『半沢直樹 アルルカンと道化師』池井戸潤 講談社
3位 『少年と犬』馳星周 文藝春秋
4位 『この気持ちもいつか忘れる CD付・先行限定版』住野よる 新潮社
5位 『あの夏が飽和する。』カンザキイオリ 河出書房新社
6位 『Another 2001』綾辻行人 KADOKAWA
7位 『気がつけば、終着駅』佐藤愛子 中央公論新社
8位 『始まりの木』夏川草介 小学館
9位 『転生したら剣でした(10)』棚架ユウ、るろお(イラスト) マイクロマガジン社
10位 『異世界ゆるり紀行 子育てしながら冒険者します(9)』水無月静琉 アルファポリス発行/星雲社発売

 10月の文芸書週間ランキング、注目の新刊が目白押しである。まずは池井戸潤氏の『半沢直樹 アルルカンと道化師』。いわずとしれた、テレビドラマ『半沢直樹』の原作である。2013年に放送されたドラマは1・2作目の『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』が原案。今年放送されたシーズン2は『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』を下敷きに構成され、先日迎えた最終回では、総合視聴率44.1パーセントという脅威の数字をたたきだし、7年経っても変わらぬその人気ぶりを見せつけた。

 『半沢直樹 アルルカンと道化師』も、シリーズ6年ぶりの新作ながら、堂々2位にランクイン。「ドラマの続きが知れるのでは……⁉」とファンは期待しただろうが、描かれるのは『オレたちバブル入行組』より以前の物語で、シリーズの前日譚。つまり舞台は、ふたたび東京中央銀行大阪西支店に舞い戻る。

 だが、がっかりはしないでほしい。時代はさかのぼるけれど、本作はこれまでとは一味違う、新しい半沢直樹を見せてくれる作品だ。その証拠に帯にはこう書いてある――「探偵半沢、絵画の謎に挑む。」。えっ、探偵? 銀行員じゃなくて? とぎょっとした方も多いだろうが、べつに転職したわけではない。あくまでも銀行員の立場から、謎を紐解いていく。

 物語は、大手IT企業・ジャッカルが老舗の美術系出版社・仙波工藝社を買収しようとするところから始まる。社長が有名なアートコレクターだとはいえ、なぜ事業と関係のない出版社を? 買収を拒否する仙波工藝社に対し、負債を抱えてまで強引に話を進めようとするジャッカルに、疑問を抱く半沢。そしてその裏には「アルルカンと道化師」という、亡き芸術家のモチーフが関わっていることに気づく……。

 著者の池井戸氏は、1988年に江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。もともと推理小説が原点の作家である(ちなみに同賞は、桐野夏生氏や野沢尚氏、『ルパンの娘』のドラマ化で話題の横関大氏などを輩出している)。半沢直樹の世界を舞台に、池井戸氏の本領が発揮される銀行ミステリー。シリーズのファンならずとも読まずにはいられない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ランキング」の最新記事

もっとみる