SF映画のタイポグラフィは「未来」をどう視覚化してきたのか? 『SF映画のタイポグラフィとデザイン』

SF映画のタイポグラフィは「未来」をどう視覚化してきたのか? 『SF映画のタイポグラフィとデザイン』

 『2001年宇宙の旅』以降のSF映画作品を題材に、SF映画のストーリーテリングとデザインの関係を探る『SF映画のタイポグラフィとデザイン』が、8月18日にフィルムアート社より発売される。

 本書は『2001年宇宙の旅』をSF映画におけるストーリーテリングとヴィジュアル・デザインの映画的ビッグバンとして位置づけ、そこでのタイポグラフィとデザインの飛躍的な進化を分析の上、それを土台に以後のSF映画作品がいかにして説得力のある未来像を描き出してきたのかについて分析する。

 デザインやタイプフェイスによって形作られた視覚的なストーリーテリングについての詳細な考察とともに、そこで用いられた書体の発展の歴史的背景、映画で使用された特別な書体についての解説、SF映画のデザインがどのように異なる作品間に関係性を築き、物語世界を創造してきたかの動向について解説している。分析対象はタイポグラフィのみならず、プロダクション・デザイン(映画美術)、グラフィック、建築の分野にまで及ぶ。

 また本書で扱われるSF映画の制作に携わったマイク・オクダ(スター・トレック)、ポール・ヴァーホーベン(トータル・リコール)、ラルフ・エッグルストンとクレイグ・フォスター(ピクサー)ら、天才的なクリエイターたちのインタビューも収録。

 タイポグラフィとデザインが、いかにしてわれわれを惹きつけてやまない近未来的ヴィジョンを作り出してきたかについて、本書はこれまでになかった知見を与えてくれる機会となるだろう。デザインに関心のある人ばかりでなく、SF映画を愛するすべての人に多くの新たな発見をもたらすだろう1冊となっている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■書誌情報
『SF映画のタイポグラフィとデザイン』
著者:デイヴ・アディ
序文:マット・ゾラー・サイツ
翻訳:篠儀直子
出版社:フィルムアート社
発売日:2020年8月18日
価格:本体3,800円+税

■本書で取り上げられる主要SF映画作品
『2001年宇宙の旅』『エイリアン』『スター・トレック』『ブレードランナー/ファイナル・カット』『トータル・リコール』『ウォーリー』『月に囚われた男』

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「新作」の最新記事

もっとみる