古川雄大はYouTube好きの健康オタクだった? 初書籍『Shine』で明かされる、新時代俳優の横顔

古川雄大はYouTube好きの健康オタクだった? 初書籍『Shine』で明かされる、新時代俳優の横顔

 7月29日、古川雄大が自身初となる書籍『Shine〜新時代俳優の全身と前進〜』(日経BP)を発売した。月刊誌『日経エンタテインメント!』が古川に1年間密着し、2019年8月号から2020年8月号まで連載した内容を収録。本作では、さらに連載時の本文を大幅に加筆し、ミュージカルやドラマの舞台裏、ここでしか見られない新規撮影写真など、過去から現在までの古川を知るための内容がずっしりと盛り込まれている。

 今年1月期のドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系)を皮切りに、NHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合)や映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』など、映像作品での活躍が目立つ古川。『エール』で二階堂ふみ演じるヒロイン・音のミュージックティーチャー(歌の先生)こと、御手洗清太郎役を熱演し、視聴者に強烈なインパクトを与えたことで格段に知名度を上げた彼だが、実は芸歴が長い。

 俳優デビューは2007年。高校3年生の頃に原宿でスカウトされた彼は、約1年間プロのダンサーとして活動した後、ドラマ『風魔の小次郎』(TOKYO MAX他)に出演した。しかし、初めて芝居のオーディションに受かったのは、同年に出演したミュージカル『テニスの王子様』(以下、テニミュ)だという。きっかけは、高校生から同じダンススクールに通っていた俳優・中河内雅貴。彼が出演するテニミュを観て感動し、事務所にお願いしてオーディションを受けたところ、人気キャラクター・不二周助役で見事合格。舞台に立つ喜びを覚えた彼は、24歳の時にミュージカル『エリザベート』で“若手俳優の登竜門”と呼ばれるオーストリア皇太子・ルドルフ役に抜擢。以降は『ロミオ&ジュリエット』や『モーツァルト!』など、グランドミュージカルを中心に活躍し、“ミュージカル界の新プリンス”として名を轟かせていた。

 一方でデビュー当初から頻繁にCDやアルバムをリリースし、自身で作詞・作曲も手がけるなど、アーティストとしても注目されている古川。ミュージカルで鍛え上げられた圧倒的な歌声もさることながら、曲作りに使用しているギターの腕前も見事だ。アーティストデビューも比較的早く、俳優として活動を始めた翌年にレコード会社から声をかけられ、2008年にミニアルバム『PASTEL GRAFFiTi』を発売。YUIや堂本剛とEDWIN のコラボプロジェクトENDLICHERI☆ENDLICHERIの楽曲に親しんできた彼は、自身が作る楽曲について“共感から得られるパワー”を大事にしていると語っている。

「僕自身が音楽からそういった気持ちをもらってきたからこそ、大事にしていきたい。だからこそ、その時々の自分の気持ちはあまさず全て歌にしているつもりです」

 そんな彼は2018年にアーティストデビュー10周年を迎え、昨年もミュージカル、そして映像作品への出演で忙しい最中、最新アルバム『Love songs』を引っさげてのライブツアーを開催。同アルバムは、数多くのミュージカルに出演し、作品を通して様々な愛の形を見てきた彼だからこそ描ける作品に。ライブも愛と情熱をテーマに作り上げていった。古川にとってライブとは、「自由な場所」だという。普段は役に入り込み、自分とは違う“誰か”を演じている彼がパフォーマンスを通じて“古川雄大”という人間を存分に表現できる唯一の場所なのかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「カルチャー」の最新記事

もっとみる